サイダーのように言葉が湧き上がる:劇場版アニメの声優に神谷浩史、坂本真綾 主題歌は「never young beach」 大貫妙子が劇中歌担当

アニメ
劇場版アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」のメインビジュアル (C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

 アニメ関連の映像や音楽を制作するレーベル「フライングドッグ」の設立10周年を記念した劇場版アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」(イシグロキョウヘイ監督、5月15日公開)に声優として神谷浩史さん、坂本真綾さんが出演することが2月25日、明らかになった。また、メインビジュアルも公開。青空をバックに主人公のチェリー、ヒロインのスマイルらが描かれている。

 劇場版アニメの主題歌をバンド「never young beach」が担当し、劇中歌をシンガー・ソングライターの大貫妙子さんが担当することも発表された。

 「サイダーのように言葉が湧き上がる」は、人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年のチェリーと、コンプレックスを隠すためにいつもマスクをつけている少女のスマイルが出会い、言葉と音楽で距離を縮めていく様子が描かれる。「四月は君の嘘」などのイシグロさんが監督を務め、「ひるね姫~知らないワタシの物語~」などのシグナル・エムディとCG制作会社のサブリメイションが製作する。

 歌舞伎俳優の市川染五郎さんが声優初挑戦で主人公チェリーを演じ、女優の杉咲花さんがヒロインのスマイルの声優を務めるほか、山寺宏一さん、花江夏樹さんらが声優として出演する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る