広瀬すず:“反抗期こじらせ女子”役に「私の中のやさぐれ精神が…」 映画「一度死んでみた」完成披露ミサ

映画
映画「一度死んでみた」のイベントに登場した広瀬すずさん

 女優の広瀬すずさんが2月24日、東京都内で行われた主演映画「一度死んでみた」(浜崎慎治監督、3月20日公開)の「完成披露ミサ」に登場した。今作でデスメタルバンドのボーカルで父親が大嫌いな“反抗期こじらせ女子”の七瀬を演じている広瀬さんは、役との共通点を聞かれ、「私の中にある、やさぐれ精神がパーンと出た感じがあって」と明かし、「ただ気持ち良く、発散のような感覚でせりふが出るようになり(演じていて)気持ち良かった」と楽しそうに撮影を振り返った。

 映画は、ソフトバンクのCM「ホワイト家族」シリーズや、映画「ジャッジ!」「犬と私の10の約束」などの脚本を手がけた澤本嘉光さんのオリジナルコメディー。auの人気CM「三太郎」シリーズなどを手掛けた浜崎さんが映画で初めて監督を務める。

 この日は吉沢亮さん、堤真一さん、リリー・フランキーさん、小澤征悦さん、嶋田久作さん、木村多江さん、松田翔太さん、浜崎監督も出席した。会社イチ存在感がなく“ゴースト社員”と呼ばれる松岡を演じている吉沢さんは、役作りについて、「前髪をすごく伸ばして目をなるべく隠したり姿勢を悪くしたりとか、そういう表面的な部分ではいろいろ作りました」と“イケメンオーラ”封印手段を説明するも、「内面的な部分で言うとほぼ役作りしていない。僕自身、めちゃくちゃ根暗なので、素の吉沢亮でやっていました」と自虐。実際現場では、「基本気づかれない。いるのに『すみません吉沢さん待ちです』みたいな空気が流れる瞬間がたまにあった」と苦笑いで話し、観客を笑わせた。

 また、七瀬の父・計役の堤さんは、広瀬さんからの暴言を「(自分も)娘がいますが、いずれ言われるんだろうなって……。いいシミュレーションになった。子どもって成長したらそうなる。それでいいんだと今から言い聞かせている」と父の顔。さらに「本当にそういう音楽が好きな人かなと思って最初ちょっと怖かった。革ジャンとか着ているとぴったりで。広瀬さん、普段こういう方なのかなって」と話すと、広瀬さんは、「なかなか堤さんとの距離がつかめないなと思っていたのは、そこ(が原因)だったのかな」と納得していた。

 映画は、デスメタルバンド「魂ズ」のボーカルである女子大生の七瀬は、父の計(堤さん)が大嫌いな“反抗期こじらせ女子”。ライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、計が突然死んだという知らせが。実は「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態になっていた。2日後に生き返るはずが、彼をそのまま亡き者にしようというライバル会社の陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下の松岡(吉沢さん)と共に計を生き返らせようと奔走する……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る