日本アカデミー賞:最優秀助演男優賞は吉沢亮 「キングダム」で一人二役

「第43回日本アカデミー賞」で最優秀助演男優賞に選ばれた吉沢亮さん(C)日本アカデミー賞協会
1 / 1
「第43回日本アカデミー賞」で最優秀助演男優賞に選ばれた吉沢亮さん(C)日本アカデミー賞協会

 「第43回日本アカデミー賞」授賞式が3月6日、東京都内で開催され、映画「キングダム」で吉沢亮さんが最優秀助演男優賞に選ばれた。「キングダム」で一人二役を演じた吉沢さんは「僕が優秀助演男優賞をもらい、最初に連絡をくれたのが、主演の山崎賢人で、『次は続編で一緒にこようぜ』と熱い話をしました」と明かし、「彼と一緒にお芝居をしたことで、こうやって僕がいただける結果になったのかなと思っています」と感謝していた。

 「キングダム」は、2006年から「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の原さんの人気マンガ。中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す青年・信の活躍や、後に始皇帝の名で知られるようになる秦王・えい政、「奇貨居(お)くべし」の故事で知られる宰相・呂不韋(りょふい)など英雄たちのドラマを描いている。2012年にはテレビアニメも放送された。

 ◇優秀助演男優賞は次の通り(敬称略)

 綾野剛「閉鎖病棟-それぞれの朝-」▽伊勢谷友介「翔んで埼玉」▽柄本佑「アルキメデスの大戦」▽岡村隆史「決算!忠臣蔵」▽佐々木蔵之介「空母いぶき」▽吉沢亮「キングダム」

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る