中川大志:公開延期も「一刻も早く届けたい気持ちでいっぱい」 「ソニック・ザ・ムービー」勝運祈願イベント

映画 ゲーム
映画「ソニック・ザ・ムービー」の勝運祈願イベントに登場した中川大志さん

 俳優の中川大志さんが3月8日、亀戸・香取神社(東京都江東区)で行われた映画「ソニック・ザ・ムービー」(ジェフ・ファウラー監督)の勝運祈願イベントに出席した。3月27日公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、配給の東和ピクチャーズから公開延期が発表された今作について、主人公のソニックの日本語吹き替えを担当した中川さんは、「楽しみに公開を待ってくださっている日本のファンの方もたくさんいます。一刻も早くこの映画を届けたいという気持ちでいっぱい」と切実な思いを明かし、「そんな思いを込めて本日、お祈りさせていただきました」と神妙な表情で話した。

 中川さんと同じく日本語吹き替え版のキャストを務めるドクターロボトニック役の声優の山寺宏一さん、女優の寺島しのぶさんの長男の寺嶋眞秀(まほろ)君も出席。ベビーソニック役で声優に初挑戦した眞秀君が「泣くところが難しかった」とアフレコを振り返ると、山寺さんは「お見事でしたよ」と太鼓判を押し、「声がすごくポーンと出るから素晴らしかった。泣くところもキュンとしちゃった」と感想を語った。中川さんも「(眞秀君が吹き替えをした)ベビーソニックが本当に可愛い」と笑顔でたたえていた。

 今作は、セガの人気ゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の人気キャラクター、ソニックをハリウッドで実写映画化。宇宙最速で走るパワーを授かった青いハリネズミのソニックが、保安官のトム(ジェームズ・マースデンさん)とバディーを組み、宿敵のマッドサイエンティスト、ドクター・ロボトニック(ジム・キャリーさん)の恐るべき陰謀に立ち向かう……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る