長澤まさみ:“毒親”役で初体験「最後まで共感できなかった」 映画「MOTHER マザー」舞台あいさつ

映画
映画「MOTHER マザー」舞台あいさつに登場した長澤まさみさん

 女優の長澤まさみさんが7月4日、東京都内で行われた主演映画「MOTHER マザー」(大森立嗣監督、公開中)の公開記念リモート舞台あいさつに登壇した。劇中で“毒親”役を演じた長澤さんは「最後まで、共感しようと思っても共感できませんでした」と告白。「わからないこともあるんだなと知った役。ここまで役柄や作品に対して後ろ髪を引かれる感覚になるのは、初めての経験だった」とチャレンジングな役柄を演じ切った感想を語った。

 舞台あいさつには、阿部サダヲさん、奥平大兼さん、郡司翔さん、浅田芭路さん、大森監督も出席。この日は、7月3日にオープンしたTOHOシネマズ池袋の観客と舞台あいさつ会場をつなぎ、“リモート舞台挨拶”を開催。その模様が全国5大都市、15劇場でライブ中継された。スクリーンに映し出された観客を見た長澤さんは、「新鮮です。たくさんの方々とつながっている気がしてとてもうれしいです」と笑顔を浮かべていた。

 長澤さん演じる秋子の内縁の夫を演じた阿部さんは「長澤さんがこういう役をやる印象はなかったし、“お母さん”というイメージもなかったので、びっくりしました」と語り、「女優さんが嫌なイメージを作るというのは、難しいと思う。完成した映画を観て、あのお母さんにイラッとしたし、嫌だなと思った。不快な感じがした。映画としてはすごくいいこと」とイメージを裏切る役柄にトライした長澤さんをたたえていた。

 長澤さんは「子役の子たちが素直で純真無垢(むく)で、監督の言うことに『はい』と答えて、誠実にお芝居をする。その姿を見て、私も不安な思いに引っ張られることなく、前に突き進めた」と告白。「子供たちに救われた。演じた役柄が母親というところで、子供たちから教わることもあるなと実感しながら演じた」としみじみと語っていた。

 映画は、実話を基にした作品。ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活を送る秋子(長澤さん)と、秋子の息子である周平(少年期・奥平さん、幼少期・郡司さん)の姿を描く。身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平を一つの殺害事件へ向かわせる。周平が罪を犯してまで守りたかったものとは……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る