妖怪シェアハウス:小芝風花のダンス、怨霊化、白目まで… コメディエンヌぶりに「本領発揮」の声

テレビ
連続ドラマ「妖怪シェアハウス」初回の場面写真=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さん主演の連続ドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第1話が8月1日に放送された。松本まりかさん、毎熊克哉さん、池谷のぶえさん、大倉孝二さんら実力派俳優に囲まれならがも、小芝さんはダンスを披露する、“怨霊(おんりょう)化”する、ダメ彼氏に啖呵(たんか)を切る、さらには白目になって気絶する……といった幅広い演技を見せて、SNSでは「コメディエンヌとして評判が高い小芝風花さんの本領発揮」と称賛する声が上がっている。

 ドラマは、2019年の連続ドラマ「トクサツガガガ」(NHK)での隠れ特撮オタク役などコメディエンヌとして評判の高い小芝さんの民放連続ドラマ初主演作品。ダメ彼氏にだまされ、妖怪たちが生活するシェアハウスにたどり着いた目黒澪(小芝さん)が、おせっかいな妖怪たちに助けられながら、成長していく姿を描く。

 初回は、恋人の健太郎(柾木玲弥さん)のせいで借金取りに追われる澪。助けを求めて健太郎の部屋へ向かったが、そこには他の女性の姿があった。実は二股をかけられ、自分が2番目だったと知る。健太郎のせいで会社をクビになり、借金を背負い、家も追い出された澪は、失意のなか道端で倒れてしまう。伊和(松本さん)という女性に助けられて空き部屋で寝かせてもらったが、夜中に目覚め、居間をのぞくと、そこには妖怪たちの姿が……というストーリー。

 小芝さんのコミカルな演技について、SNSでは「小芝風花さん芸達者やな〜」「風花ちゃんかわゆいし演技上手くてテンポよくて見やすい!」「幅の広さはすごいと思います」「可愛らしくて、振り切った演技。本当に、いい女優さんですなー」「小芝風花ちゃんがぶっ飛んでていい」「小芝風花さんの色んな顔が見れる」といった反響があった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る