半沢直樹:“半沢”堺雅人の「どの口が言う!」に視聴者「しびれた…」「爽快」

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の第6話が、8月23日に放送された。同話では、東京中央銀行営業第2部次長で、帝国航空の再建を任された半沢直樹(堺さん)が、同行審査部次長で帝国航空再建の前任者だった曾根崎雄也(佃典彦さん)に「どの口が言う!」と大声を張り上げるシーンがあり、SNSには「しびれた…」「かっこよすぎる」「爽快なシーン」「今日一、インパクトがあった」「いつかこの言葉使いたい」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作。2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化し、東京中央銀行の半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していく様を描いた。約7年ぶりの続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化する。

 第6話は、帝国航空を立て直し、政府の要求する500億円の債権放棄を何としても拒否したい東京中央銀行の半沢らの前に、白井亜希子大臣(江口のりこさん)と、乃原正太(筒井道隆さん)率いる政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」が立ちはだかる。そんな中、金融庁の証券取引等監視委員会・統括検査官の黒崎駿一(片岡愛之助さん)らがヒアリングしに、銀行に現れる……。

 東京中央銀行側は、金融庁の検査で、以前提出した帝国航空の再建案の中に、数字にミスがあると指摘され、処分を下すと宣言される。このミスは、曾根崎が関わっていたもので、検査を乗り切るために、帝国航空の山久登財務部長(石黒賢さん)に協力をさせ、うそをつかせる。さらに、曾根崎は、半沢を担当者から外すため、山久に要望書を書かせようとしていた。半沢は、その不正を暴くため、山久にボイスレコーダーを渡していた。その後、ボイスレコーダーの音声が証拠となって不正を暴かれた曾根崎が「これは犯罪だ。どこまでひきょうなんだ! 貴様!」と半沢につかみかかると、半沢が「どの口が言う!」と言い放ち……という展開が描かれた。

 第7話は8月30日午後9時から放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る