呪術廻戦:ジャンプの人気マンガが累計850万部突破 テレビアニメ化も話題

アニメ マンガ
「呪術廻戦」のコミックス第13巻のカバー(C)芥見下々/集英社

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガ「呪術廻戦」のコミックスのシリーズ累計発行部数が850万部を突破することが9月28日、明らかになった。10月2日に発売される最新13巻で850万部を突破する。同作はテレビアニメが10月2日にスタートすることも話題となっており、9月28日発売の「週刊少年ジャンプ」43号では、表紙、巻頭カラーを飾った。

 テレビアニメ放送開始と最新コミックス13巻の発売を記念して、一部書店で関連書籍の購入者を対象にキャラクターがデザインされたしおり「漫画&アニメ両A面しおり(ホロ加工つき)」(全5種)をプレゼントするキャンペーンを実施する。

 「呪術廻戦」は、強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というダークファンタジー。2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載中。アニメは、10月2日からMBS・TBS系の深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」で放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る