花江夏樹:「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は「期待を裏切らない」 アフレコは「気合がぶつかり合った」

アニメ マンガ
劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の東京スカイツリー点灯イベントに登場した(左から)松岡禎丞さん、鬼頭明里さん、花江夏樹さん、下野紘さん、LiSAさん

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督、10月16日公開)の公開を記念した東京スカイツリー(東京都墨田区)の点灯イベントが10月11日、開催された。竈門炭治郎(かまど・たんじろう)役の花江夏樹さんは、劇場版のアフレコを「役者同士の化学反応というか、一人が本気を出したら、もう一人はそれを上回るような演技で、気合がぶつかり合った」と振り返り、「期待は裏切らないと思います」とアピールした。

 イベントには、竈門禰豆子(かまど・ねずこ)役の鬼頭明里さん、我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)役の下野紘さん、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)役の松岡禎丞さん、主題歌「炎(ほむら)」を担当する歌手のLiSAさんが登場した。

 劇場版のアフレコについて松岡さんは「これで声優人生が終わってもいいと思った。『もう知らん! 明日なんか!』となりました」とコメント。下野さんは「テレビシリーズも魂を込めて、命を削ってやっていた。劇場版はそれをさらに上回った」と振り返り、鬼頭さんは「アフレコ自体も久々だったので、うれしかった。アフレコが始まったら、みんなすぐに役が降りてきて、いつもの感じに戻れた」と語った。

 イベントでは、東京スカイツリーが劇場版で活躍する炎柱の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)の炎刀、LiSAさんが歌う主題歌「炎」を思わせる“炎色”にライティングされた。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、凶暴な鬼に変異した妹を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された。テレビアニメが2019年4~9月に放送された。劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が10月16日に公開される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る