松岡禎丞:「鬼滅の刃」伊之助を熱演 「限界値が見えない」アフレコ 喉が壊れるほど“猪突猛進”

アニメ マンガ
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に出演する松岡禎丞さん

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」から続く物語である「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が10月16日に公開された。個性豊かなキャラクターの中でも強烈なインパクトを残すのが嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)だ。伊之助は、イノシシの皮をかぶった二刀流の剣士。「猪突(ちょとつ)猛進」が口癖で、とにかく突っ走る。そんな伊之助を演じるのが人気声優の松岡禎丞さんだ。松岡さんは「鬼滅の刃」のアフレコを「限界値が見えない」と語る。松岡さんに“猪突猛進”で臨んだアフレコについて聞いた。

 ◇演技の積み重ねの限界値が見えない もっとやれる!

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹を元に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された。テレビアニメの放送と共に原作の人気も加速し、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億部を突破。歌手のLiSAさんが歌うテレビアニメの主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」が大ヒットし、「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場したことも話題になるなど幅広い世代から注目される作品となった。

 幅広い世代から愛される「鬼滅の刃」は、さまざまな魅力であふれている。松岡さんは声優として参加する中で「ストーリー」が特に魅力的と感じているという。

 「ストーリーがものすごくしっかりしていて、根底にあるのが家族愛、絆なので、どの世代も感情移入しやすいんですよね。心の奥底の感情を揺さぶられる作品です。シリアスなだけじゃなくて、バケツをひっくり返したようなギャグもあります。コメディーとシリアスのバランスがいいですよね。そして、炭治郎の存在。その存在が物語の主軸になる。炭治郎の気持ち、思いがストーリーを紡いでいきます。チープな表現かもしれませんが、心に刺さるんです」

 松岡さんは数々の人気作に出演してきた売れっ子声優だ。これまで正統派な主人公からエキセントリックなキャラクターまでさまざまな役を演じ、歴戦をくぐり抜けてきた。そんな松岡さんでも、「鬼滅の刃」は「今まで11年間役者をやってきましたが、全てを注ぎ込んでもまだ足りない作品」と感じているという。

 「限界値が見えないんですよね。テストを100%でやって、本番で200%になればいいと思っていて、悔いを残したくないのですが、『鬼滅の刃』のアフレコは終わった後に、あそこはもうちょっとああやっておけば……と思うことがあるんです。悔いがない、とはなかなかならない。どこまでも突き抜けてできそうな気がするんです。役柄的にもそうなんですけど」

 「限界値が見えない」とはどういうことなのだろうか?

 「アフレコ前に、演技を予想するのですが、『鬼滅の刃』の共演者は、知っている人が多いこともあって、ある程度は脳内再生ができます。でも、現場では、予想もしなかったことだらけなんです。僕は、作り込んでからアフレコに臨むタイプなんですけど、『鬼滅の刃』は、あまり作り込まない方がいい。現場で出たものが正解なんです。航路を見つけ、目的地に到達するまでの波が半端ない。揺られ揺られて、でも真っすぐ突き進まないといけない。(花江)夏樹も下野(紘)さん、鬼頭(明里)さんもみんな、演技の積み重ねの限界値が見えない。もっとやれる!となるんです。疲れるんですけど、気持ちいい疲れで、達成感があるんです」

 松岡さんは、炭治郎役の花江さん、我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)役の下野さん、禰豆子(ねずこ)役の鬼頭さんとイベントや特番などでも一緒になることが多い。声優陣もコンビネーションが抜群のようにも見える。

 「僕が唯一、気にせずオヤジギャグを言える現場です(笑い)。最近、思いついたことをすぐに言っちゃうんです。『鬼を倒す、お兄ちゃん』みたいな。言いたくなるんですよね。心の中だけでとどめておくこともあるんですけど、『鬼滅の刃』の現場では、みんながツッコんでくれるんで、言っちゃうんです。最近は、鬼頭さんがツッコんでくれることもあります。フォローしてくれるのは下野さんですね」

 ◇危険シグナル無視 どうにでもなれ!と叫び続ける

 「鬼滅の刃」の声優陣を取材する中で、劇場版のアフレコは「とにかくハードだった」という声を聞く。松岡さんも例外ではない。

 「役者として、劇場版だからと言って特別に気合を入れるというわけではないのですが、否が応でも気合が入りました。テレビアニメで言うと4話分を一気に録(と)ったような感覚です。バトルパートも多かったので、朝から晩まで叫んだ日の翌日は、喉を壊してしまって。危険シグナルが出ていたけど、どうにでもなれ!明日のことなんか知るか!これだけの現場、乗っからないでどうする!という気持ちでした」

 松岡さんは、伊之助のように「猪突猛進」でアフレコに臨んだようだ。全力を注いだこともあり、劇場版の仕上がりを「期待してください!」と力を込める。

 「テレビアニメの時と比較すると、劇場版は炭治郎、善逸、伊之助の関係値が変わっています。何よりも劇場版は、煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)が鍵を握ります。ぜひ、その結末を見届けてください」

 「無限列車編」は、松岡さんをはじめとした声優陣の熱演に笑ったり、泣いたり、感情を揺さぶられるはずだ。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記  ※ 煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る