下野紘:「鬼滅の刃」アフレコは「終わりの見えない戦い」 善逸を「全力以上で演じる」

アニメ マンガ
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に出演する下野紘さん

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」に続く物語となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が10月16日に公開された。「鬼滅の刃」は、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と仲間たちの友情が大きな見どころの一つになっている。個性豊かな仲間たちの中でも人気なのが、炭治郎と同期の鬼殺隊士の我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)で、劇場版で炭治郎と共に行動することになる。善逸は、ヘタレだけど可愛らしく、人間的でもある。善逸役の声優の下野紘さんに、善逸の演技、劇場版の見どころを聞いた。

 ◇大変さすら楽しむ

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼に変異した妹を元に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された。テレビアニメの放送と共に原作の人気も加速し、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億部を突破。歌手のLiSAさんが歌うテレビアニメの主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」が大ヒットし、「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場したことも話題になるなど幅広い世代から注目される作品となった。

 善逸は、ハイテンションなキャラクターだ。表情もコロコロと変わる。下野さんは、善逸を演じることを「楽しんでやらせてもらってます」と話す。

 「大変さとはまたちょっと違いますが、もっとこうした方がいいかな?というのが一シーン、一シーンあるんですよね。もちろん正解というものは存在しないのかもしれませんが、どれも正解なようで、正解じゃないかもしれない、という思いに至ることが多いんです。自分の中でもっとこうした方がいいというのは、ずっとぐるぐる回ってはいます。アフレコの中で、共演者の演技によって『お、そういう芝居できますか。じゃあこっちはもっとこういうふうにしますから』という気持ちにものすごくなりやすい作品でもあります。そういう意味では、終わりの見えない戦いをずっと続けているという大変さは、あるのかもしれないですが、それすらも楽しんでやらせてもらっています」

 「鬼滅の刃」は、炭治郎役の花江夏樹さんをはじめ豪華声優が集結した。下野さんは、花江さんや嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)役の松岡禎丞さん、禰豆子(ねずこ)役の鬼頭明里さんとイベントや特番に出演する機会も多い。下野さんを見ていると「まとめ役」のようにも見える。

 「まとめ役というよりかは、盛り上げ役というか……。やっていて楽しいですし、何よりも善逸というキャラクター自体が作品の盛り上げ役のようなところもありますし、コミカルなシーンで全力を尽くすようなキャラクターですしね。まとめに関しては、本当に最後の最後のまとめは、花江君がしてくれるので、僕は結構自由に楽しくやれているかなという気持ちでいるんですけど。花江君が炭治郎役だから、長男でありますし、座長でもあります。ただ、この4人の中では僕が一番長男ですし、長男なりにやっぱり弟、妹たちを助けなきゃいけない。そういう大人の部分がどうしても出ちゃいますよね(笑い)」

 ◇善逸は可愛い? 首をかしげ…

 善逸は、自分に自信が持てないキャラクターで、ヘタレなところもある。極度の恐怖に陥ると眠りに落ち、別人のように本来の力を発揮する。どこか愛らしく、ファンには「可愛い」と言われているが、下野さんは「可愛い……、そうですか?」と首をかしげる。

 「個人的な意見を言わせてもらうと、本当に表情豊かだし、それこそギャップもあるし、これだけ激しい動きや表情をするので、本当にやりがいのあるキャラクターですが、では、何が魅力なのか?と言われると、若干不思議ですね(笑い)。面白いキャラクターだと思うし、楽しんでもらえているんだなと実感できるのですが、『そうなの?』と思うのが、『善逸可愛い』っていう褒め言葉ですね。目玉むき出しになったりしているシーンもありますし、うるさいし、ホント女の子好きですしね。あれだけうるさく騒いでいるけど、好意的に感じていただけるのは、よかったです」

 一方で「共感される方が多いのかもしれないですね」とも話す。

 「僕自身も善逸って、人間らしいというか、僕にも善逸みたいな、やらなければいけない、戦わなければいけない、頑張らなければいけない、でも、怖い、逃げ出したいみたいに思っていた時がありますしね。特に、20代の頃は、仕事をしていても、自分のすごく好きな仕事だけど、不安を抱いていたので、そういう意味では、共感できます。今でもたまにあるんですけど(笑い)」

 特に印象に残っているシーンやエピソードを聞いてみると、「もうありすぎて! どうしようかな……」と悩みながらもテレビアニメ第13話のとある場面を挙げる。

 「すごく情けなかったりとか、気絶して霹靂一閃(へきれきいっせん)を放つような格好いいところもあったり、いろいろあるのですが、印象的なのが、何か鬼のような音が聞こえるこの箱(禰豆子が入った箱)をずっと守り続けるシーンです。その理由が、今まで聞いたことがないような優しい音が炭治郎からして、だから炭治郎がなぜ鬼を連れているのか分からないけれど、間違ったことをしようとしているわけではないんだというのを信じる。炭治郎のために、何とかしてあげたい、絶対にこの箱を守り抜くんだという、その善逸の優しさの片りんが垣間見えるんですね。ビクビクしたり、へたれたりとかもするけれど、守るという一点においての強さが見えるんです」

 ◇劇場版は“あのせりふ”も

 劇場版は、テレビアニメ最終話からつながる物語。炭治郎、炎柱の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)ら鬼殺隊が短期間で40人以上の行方不明者を出しているという無限列車の調査に向かう。善逸も炭治郎と共に行動することになる。どんな活躍を見せてくれるのだろうか……。

 「表情の豊かさという意味でいえば、今まで以上に人が変わったような表情の豊かさを見せます。その辺りも楽しんでいただければうれしいです。あとは、オーディションの時にあったせりふをオーディション以来初めて言います。お楽しみに!」

 演技には変化はあったのだろうか? 下野さんは「ないです。ないです」と即答する。

 「常にキャストもスタッフ陣も全力以上の全力を出し続けてきた作品で、第1話から劇場で公開してもいいだろうというぐらいのクオリティーの作品でした。演じている我々も常にそれくらいの覚悟を持って、作っています。劇場版だから、ちょっと特別なことをしましょうかとか、特別に気合を入れましょうか、というよりも、テレビアニメのアフレコから間が空いていたので、この『鬼滅の刃』をどれだけの熱意、覚悟でやっていたかを思い出すくらいの気持ちでしたね」

 劇場版では、煉獄や炭治郎の前に、強敵・魘夢(えんむ)が立ちはだかる。煉獄役の日野聡さん、魘夢役の平川大輔さんの演技も注目が集まる。

 「日野さんは、共演させていただく中で、包容力をすごく感じていました。魘夢は、柔らかいも口調が不気味さを醸し出していますよね。平川さんのちょっと中性的な柔らかい声が、すごくマッチしているし、ここから一体どういう戦いが繰り広げられて、どういう生き様を見せるのか?とワクワクすると思います。本当に僕自身、劇場で早く見たいです」

 常に全力以上を出し続けてきた「鬼滅の刃」のキャスト、スタッフ陣。下野さんが演じる善逸の活躍を、ぜひ劇場で見届けてほしい。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となる。
※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記となる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る