吉高由里子:会場満員で「うるっとしました」 横浜流星の提案で全国中継に 映画「きみの瞳が問いかけている」舞台あいさつ

映画
映画「きみの瞳が問いかけている」の公開記念舞台あいさつに出席した吉高由里子さん

 女優の吉高由里子さんが10月24日、東京都内で行われた映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督)の公開記念舞台あいさつに出席。吉高さんは満員の会場を見渡しながら「こうして顔を見合わせてお話しできるのは改めてうれしいこと」とあいさつし、感無量。その表情を横で見ていた三木監督から「ちょっとうるっときてなかった?」と聞かれると「うん、うるっとしましたね」と認めて照れ笑いを浮かべた。

 この日の模様は全国225館のスクリーンに中継された。横浜さんは「たくさんの方に見てほしくてプロデューサーに生中継をお願いしたら実現した」と自身の提案だったことを告白。吉高さんは「すごいね、発想が起業家みたい」と驚くと、横浜さんは「いやいや、思いがあふれただけです」と謙遜していた。

 本作は、チャールズ・チャップリンの「街の灯」にインスパイアされて製作された韓国映画「ただ君だけ」をリメークした純愛ラブストーリー。吉高さんは失明してしまうも周囲を明るくする柏木明香里を、横浜さんはキックボクサーとしての将来を失った篠崎塁をそれぞれ演じている。

 会場には主題歌「You eyes tell」を歌う、韓国の男性グループ「BTS」から「日本でのヒットをお祈りしています」などと公開祝福のビデオメッセージが届いた。メンバーから「横浜さんのアクションすごかった。ぜひ今度パンチを教えてください」と言われた横浜さんは「いつでも教えます! ぜひスパーリングしましょう!」と約束していた。

 吉高さんは本作で久々のラブストーリーとなったが「甘酸っぱいというより、優しさに包まれる映画。セリフの内容も『キュンです!』って感じじゃなくて、大人の恋愛ものになった」と回想。また、横浜さんはファンに向けて「もともと好きな人はもっと好きになっちゃうから気を付けてね。ぶっ倒れちゃうかも。みんな支え合っていきましょうね~」と呼びかけていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る