星野源:「逃げ恥」恋ダンスに苦戦中? 「寝ずに練習しないと」と焦り

映画
映画「罪の声」(土井裕泰監督)の初日舞台あいさつに登場した星野源さん

 俳優で歌手の星野源さんが10月30日、東京都内で行われた映画「罪の声」(土井裕泰監督)の初日舞台あいさつに出席。作品にかけて「解決したいこと」を聞かれると、「いま撮っている作品があって、“とあるダンス”を踊らないといけない。それが全然覚えられなくて……」とドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の続編で踊る“恋ダンス”に苦戦していることをうかがわせた。

 土井監督が「前のダンスと違うの?」と聞くと、星野さんは「前と同じですがちょっと増えているんです」と明かし、「数日後にダンスの撮影があるので覚えないといけなくて、ちゃんと練習しないとなって感じがある。お芝居の撮影が続いていて練習できていないので、寝ずに練習しないと。家の中でビデオを見ながらします」と焦っていた。

 映画は、小説家・塩田武士さんのベストセラーが原作で、昭和最大の未解決事件の真相を突き止めようと奮闘する男たちを描く。小栗旬さんが事件を追いかける新聞記者の阿久津、星野さんは幼い頃の自分が事件と関わっていたことを知るテーラーの曽根を演じている。

 脚本を担当したのは「逃げ恥」も手がけた野木亜紀子さん。星野さんは「『MIU404』も野木さんで、ずっとお世話になっている。塩田さんの原作がシリアスだし、実際にあった事件のお話なのでどう映画にまとめるのか楽しみだった。いろんなメッセージが原作に込められていますが『ここをチョイスするんだ』と思って(野木さんの脚本は)すごいなと」と話していた。舞台あいさつには、小栗さん、松重豊さん、市川実日子さんも登壇した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る