今週の激推シネマ:「461個のおべんとう」 「V6」井ノ原快彦と「なにわ男子」道枝駿佑が親子役 お弁当作りでは実際に料理も

映画「461個のおべんとう」のティザービジュアル(C)2020「461個のおべんとう」製作委員会
1 / 2
映画「461個のおべんとう」のティザービジュアル(C)2020「461個のおべんとう」製作委員会

 今週公開される映画からMANTANWEB編集部の“激推し”作品を紹介する「今週の激推シネマ」。今回は、11月6日に公開された、人気グループ「V6」の井ノ原快彦さん主演の映画「461個のおべんとう」(兼重淳監督)を“激推し”する。

 映画は、音楽ユニット「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美さんのエッセー「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス)が原作。長年連れ添っていた妻と別れたミュージシャンの鈴本一樹が、高校生になる息子・虹輝と交わした「3年間、毎日お弁当を作る!」という“大切な約束”をきっかけに、ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も、息子のためにお弁当を作り続ける……というストーリー。

 井ノ原さんが、毎日息子のために弁当を作るミュージシャンの一樹、関西ジャニーズJr.のグループ「なにわ男子」の道枝駿佑(みちえだ・しゅんすけ)さんが、息子の虹輝を演じる。本作で初共演となった2人は、親子を演じるということで、撮影前に“タメ口協定”を結んだという。まるで本当の親子のように息の合った掛け合いや、虹輝が一樹に自分の気持ちをぶつけるシーンなどに注目してもらいたい。

 また、劇中でのお弁当作りシーンでは、井ノ原さんが実際に料理に挑戦。現場で作った卵焼きを撮影外で道枝さんが食べたといい、先日行われた舞台あいさつで、道枝さんは「味を変えてきてくれるのでいつも楽しみにしていました。しょうがが入った卵焼きがお気に入りで、すっごくおいしかったです」と感想を語っていた。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る