鬼滅の刃:第12、13話視聴率12.4%で好調維持 カンテレでゴールデンタイムに放送

アニメ マンガ
「鬼滅の刃」コミックス第1巻のカバー

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の第12話と第13話が、11月13日午後7時から関西テレビ(カンテレ)で放送され、平均視聴率(世帯)は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)を記録し、好調を維持した。個人は8.4%(同)だった。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された。コミックスのシリーズ累計発行部数は1億部を突破した。

 カンテレでは関西ローカルで、「鬼滅の刃」を10月23日から毎週金曜午後7~8時のゴールデンタイムにレギュラー放送している。11月13日は、第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」、第13話「命より大事なもの」の2本が放送された。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る