鬼滅の刃:炭治郎、善逸、伊之助が那田蜘蛛山へ 第14話「藤の花の家紋の家」 第15話「那田蜘蛛山」カンテレ放送

アニメ マンガ
「鬼滅の刃」の第15話「那田蜘蛛山」の一場面(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の第14話「藤の花の家紋の家」、第15話「那田蜘蛛山」が11月20日午後7~8時に関西テレビ(カンテレ)で放送される。

 第14話「藤の花の家紋の家」では、死闘の末、鬼の響凱(きょうがい)との戦いに勝った炭治郎が屋敷から出ると、禰豆子(ねずこ)の入った木箱を抱えボロボロになった善逸が。善逸の前には二刃の日輪刀を抜いたイノシシ頭を被った男が立ちはだかっていた。

 第15話「那田蜘蛛山」は、次なる任務のため、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助は那田蜘蛛(なたぐも)山へ向かう。その山はクモの巣が張り巡らされ、無数のクモがうごめいていた。おびえる善逸を残し、山に入った炭治郎と伊之助は、クモの糸に絡み取られた鬼殺隊員と遭遇する。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻すために旅立つ物語。原作は2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された。コミックスのシリーズ累計発行部数は1億部を突破した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る