映像研には手を出すな!:テレビアニメがニューヨーク・タイムズW選出 ベストテレビ番組、ベスト海外テレビ番組

「映像研には手を出すな!」の一場面(C)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会
1 / 8
「映像研には手を出すな!」の一場面(C)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

 女子高生がアニメ制作に打ち込む姿を描くマンガが原作のテレビアニメ「映像研には手を出すな!」が、米ニューヨーク・タイムズが選ぶ「ベストテレビ番組」「ベスト海外テレビ番組」の2部門でダブル選出されたことが明らかになった。今年、2部門に選出された作品は「映像研には手を出すな!」のみで、同誌は「テレビ番組の中でも屈指の制作過程の描写(アニメ―ション業界の重労働をメタ的に描いている)と、芸術を通したアイデンティティーの発見という感動的なテーマがストーリーラインに織り込まれている」と評価した。

 原作は、大童澄瞳さんがマンガ誌「月刊!スピリッツ」(小学館)で2016年から連載中のマンガ。自分の考えた“最強の世界”で大冒険することが夢の浅草みどり、プロデューサー気質の金森さやか、アニメーター志望でカリスマ読者モデルの水崎ツバメが、脳内にある“最強の世界”を表現すべく、映像研究同好会を立ち上げ、アニメ制作に打ち込む姿を描く。

 テレビアニメは「夜明け告げるルーのうた」「四畳半神話大系」などの湯浅政明監督が手がけ、NHK総合で1~3月に放送された。アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんが出演する実写版も話題になった。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る