岡田将生:志尊淳と“密着” 「さんかく窓の外側は夜」キャラクター紹介映像

映画「さんかく窓の外側は夜」に出演している岡田将生さん(右)と志尊淳さん(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre
1 / 2
映画「さんかく窓の外側は夜」に出演している岡田将生さん(右)と志尊淳さん(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

 俳優の岡田将生さんと志尊淳さんがダブル主演する映画「さんかく窓の外側は夜」(森ガキ侑大監督、2021年1月22日公開)のキャラクター紹介映像が12月10日、公開された。岡田さん扮(ふん)する除霊師の冷川理人を紹介する映像では、志尊さん演じる三角康介に「触れると霊をはっきり見ることができる」というテロップとともに、岡田さんと志尊さんが密着するシーンが収められている。

 さらに、「人としての感情が欠けていて、コミュニケーションに問題あり」というテロップが流れる場面では、三角が「人が死んでいるのになんとも思わないのかよ」と激高するのに対し、冷川が「どうしたんです、三角くん」と冷静に応じる姿を見せる。

 三角、平手友梨奈さん演じる呪いを操る女子高生・非浦英莉可のキャラクター紹介映像も同時に公開された。

 映画は、2013年からマンガ誌「月刊MAGAZINE BE×BOY(ビーボーイ)」(リブレ)で連載中のヤマシタトモコさんの同名ミステリーホラーマンガが原作。霊をはらうことができる冷川と、霊を見ることができる三角の心霊探偵バディーが、除霊を使って謎や事件を解決していく。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る