注目アニメ紹介:「弱キャラ友崎くん」 ガガガ文庫のラノベがテレビアニメ化 弱キャラが人生攻略に挑む

「弱キャラ友崎くん」の一場面(C)屋久ユウキ・小学館/「弱キャラ友崎くん」製作委員会
1 / 18
「弱キャラ友崎くん」の一場面(C)屋久ユウキ・小学館/「弱キャラ友崎くん」製作委員会

 ガガガ文庫(小学館)のライトノベルが原作のテレビアニメ「弱キャラ友崎くん」が1月8日からTOKYO MX、BS11ほかで順次、放送される。屋久ユウキさん作、フライさんイラストのライトノベルで、アニメは「りゅうおうのおしごと!」などの柳伸亮さんが監督を務める。

 主人公・友崎文也は、日本屈指のゲーマーながら現実では“ぼっち”の高校生。「人生はクソゲー」と言い切る文也が出会ったのは、学園のパーフェクトヒロイン・日南葵だった。学校では誰にでも分け隔てなく人当たりのいい葵は、実は誰よりも努力と結果を重んじる現実主義者だったのだ。

 文也は日南の指導の元、“人生というゲーム”に真剣に向き合うようになる。弱キャラ高校生がリア充を目指して、周囲を巻き込みながら人生を攻略する青春ストーリーが描かれる。

 「星合の空」などの佐藤元さんが文也、「侵略!イカ娘」などの金元寿子さんが葵をそれぞれ演じるほか、声優として長谷川育美さん、茅野愛衣さん、島崎信長さんらが出演する。「りゅうおうのおしごと!」などのproject No.9が制作する。

写真を見る全 18 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る