平手友梨奈:ハタチでしたいことは“お出かけ” 志尊淳からのアシストに笑顔

映画
映画「さんかく窓の外側は夜」の大ヒット祈願イベントに登場した平手友梨奈さん

 元欅坂46で女優の平手友梨奈さんが1月7日、東京・新宿の花園神社で行われた映画「さんかく窓の外側は夜」(森ガキ侑大監督、1月22日公開)の大ヒット祈願イベントに岡田将生さん、志尊淳さんらと登場した。成人の日が近いことから「ハタチになってしたいこと」を聞かれると、平手さんは熟考し、「なんですかね……なにができますか?」と登壇者に質問する場面も。すかさず志尊さんが「ハタチになって僕らとしたいことは?」と助け船を出すと、平手さんは「(撮影中に)ずっと言っていた、お出かけ”とかはしたい」とほほ笑んで回答し、一同を和ませていた。

 平手さんの回答を受け、岡田さんは「撮影中もずっと言っていて、なかなか時間も合わず、コロナ禍で『行けないね』となっていたんで……。じゃあ、お出かけをしましょうね」と同意。志尊さんも「お出かけしましょう」と笑顔で語りかけるなど、仲の良い様子を見せていた。

 イベントでは、今年の抱負ややりたいことを自筆の漢字一文字で表す企画も行われ、平手さんは「未」という字を発表し、「この先、どういう道が待っているか分からないし、どういう道を歩んでいくか分からないので……」と説明。「豊」という字を書いた岡田さんは「昨年は心苦しいニュースがたくさんあったので、自分の心を豊かに、そしてみなさまに豊かな気持ちになってもらえるよう、明るいニュースを届けられるよう頑張っていきたい」と語り、「歩」という字を書いた志尊さんは「今年は自分自身と向き合ったうえで走るスピードを落とし、一歩ずつ地に足をつけて周りを見つつ歩いていきたい」と思いを明かした。イベントには森ガキ監督も出席した。

 映画は、「月刊MAGAZINE BE×BOY(ビーボーイ)」(リブレ)で連載されたヤマシタトモコさんの同名ミステリーホラーマンガが原作。岡田さん演じる、霊をはらうことができる凄腕の除霊師・冷川理人と、志尊さん演じる、霊を見ることができる三角康介の心霊探偵バディーが、除霊を使って謎や事件を解決していく……という内容。平手さんは“呪い屋”をしている謎の女子高生・非浦英莉可を演じている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る