銀魂 THE FINAL:空知英秋は「鬼滅の刃」無限列車に乗っていた!? 動員1位に「感謝とおわび」

アニメ マンガ
「銀魂 THE FINAL」の入場者プレゼント「(たぶん?)最後の<万事屋>イラスト」(左)と「炭治郎&柱イラストカード」の全員集合ビジュアル(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

 空知英秋さんの人気マンガが原作のアニメ「銀魂」の完全新作となる劇場版「銀魂 THE FINAL」(宮脇千鶴監督)が1月8日に公開され、9、10日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場で首位を獲得。空知さんがコメントを寄せた。「銀魂 THE FINAL」は、同ランキングで前週まで12週連続で首位を獲得した劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)を抑えての首位獲得となり、「皆様の応援のおかげで『銀魂 THE FINAL』、あの無限列車を止め、首位を取ることができました。ありがとうございました」とコメントした。

 空知さんは「(無限列車を)止めたというか、僕もあの列車乗ってたんですけどね、先頭車両で全裸になって誰より浮かれ騒いでたら、非常停止ボタン押されただけなんですが、ものはいいようです」と続けた。同作は、空知さんが「鬼滅の刃」のキャラクターを描き下ろした入場者プレゼント「炭治郎&柱イラストカード」も話題となっており、「あの史上最低の便乗商法も、鬼を倒すために鬼の角から鬼殺しの刃を作ったという、カッコよさげな言い方をしてくれると幸いです」と語った。

 「元々銀魂は大河ドラマに便乗して始まったマンガですが、最後の最後まで他人の神輿(みこし)の上で大騒ぎし、バカで軽薄なまま、銀魂らしく走り切る事ができたのは、それを笑って許してくださった、時に一緒にふざけてくださった、鬼滅をはじめとした数々のすてきな作品のおかげです。ここに感謝とおわび申し上げます」と「銀魂」がこれまで触れてきた作品に感謝した。

 最後に「炎上覚悟の特典でしたが、15年銀魂を見てきた皆さんならツッコんでくれると思ってました。最後まで皆さんと一緒にバカ騒ぎできて楽しかったです。本当にありがとうございました。週明けあっさり首位から陥落した際は、最後のツッコミお願いします」とファンにメッセージを送った。

 「銀魂」は、天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、何でも屋を営む侍・坂田銀時らが難題を解決する姿を描いたSF時代劇コメディー。マンガは「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2003年12月に連載がスタートした。コミックスの累計発行部数は5500万部以上。テレビアニメ化されたほか、小栗旬さん主演の実写映画もヒットした。

 マンガが「週刊少年ジャンプ」「ジャンプ GIGA」(同)で最終回を迎えられなかったことも話題になった。その後、「銀魂公式アプリ」で“最終回の向こう側(続き)”を配信。2019年6月20日に最終訓(回)に当たる3回目の配信「第七百四訓 天然パーマにロクな奴はいない」が配信され、“三度目の正直”でついに完結となった。

 テレビアニメ第1期が2006~10年、第2期が2011~13年、第3期が2015~16年、第4期が2017~18年に放送された。2010年に劇場版アニメ「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」、2013年に「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」が公開。新作アニメは劇場版3作目となる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る