小林さんちのメイドラゴン:第2期「S」は石原立也監督 「想い」引き継ぐ

「小林さんちのメイドラゴンS」のビジュアル(C)クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会
1 / 3
「小林さんちのメイドラゴンS」のビジュアル(C)クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会

 クール教信者さんのマンガ「小林さんちのメイドラゴン」のテレビアニメ第2期「小林さんちのメイドラゴンS」で、石原立也さんが監督を務めることが分かった。第1期から引き続き京都アニメーションが制作する。

 「小林さんちのメイドラゴン」は、マンガ誌「月刊アクション」(双葉社)で連載中のギャグマンガ。女性会社員の小林の家にメイドとして同居しているドラゴン娘のトールが、小林のために奮闘しながらドタバタを巻き起こす姿を描いている。テレビアニメ第1期が2017年1~4月に放送された。第2期は7月から放送される。

 ◇石原立也監督のコメント

 今回、「小林さんちのメイドラゴンS」より監督を務めさせていただくことになりました石原立也です。本来、ほかの監督が作り上げてきた作品を引き継ぐということはとても難しいものですが、この作品を引き継がせていただくなら、私以外にはいないだろうと、そういった想(おも)いもあり、今回、監督として制作に携わることとなりました。

 この作品は一見キャラクターが可愛いことが魅力のコメディー作品に見えますが、実は人間や社会のディープな部分に切り込んでいくなどメッセージ性の強さも魅力だと思っています。第1期でもトールが「まるで人間が自然から乖離(かいり)したようなせりふですね」と小林にツッコミを入れるシーンがあるのですが、こういった人間のおこがましさのようなところをチクリとクールに刺してくるようなところがこの作品の面白さであり、シリーズを通して一貫しているところでもあります。それは監督が変わっても何ら変わりありません。

 以前、武本(康弘)さんも話していましたが、この作品ではドラゴンと人間は相いれる必要ってないんです。分かち合うことはなくて、どこまでいっても平行線の関係。異種族とは理解し合えない、同じ時間を生きられないけれど、それでも一緒にいる、そういったつかの間の時間を描いている点が根底にある。そのことを大切に、その上で楽しく明るいホームコメディーとして「S」の制作に取り組ませていただきました。

 改めてにはなりますが、今回こうして作品を送り出すことができてとてもうれしいです。これまでのファンの方も、新しく作品を知った方も、誰もが楽しめる作品になっていると思います。新キャラのイルルが混ざってさらに明るくはちゃめちゃな“メイドラゴン”になっていますので、ぜひ楽しみにご覧ください。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:石原立也▽シリーズ監督:武本康弘▽シリーズ構成:山田由香▽キャラクターデザイン:門脇未来▽総作画監督:丸木宣明▽美術監督:落合翔子▽3D美術:鵜ノ口穣二▽色彩設計:秦あずみ▽撮影監督:植田弘貴▽3D監督:冨板紀宏▽音響監督:鶴岡陽太▽音楽:伊藤真澄▽音楽制作:ランティス、ハートカンパニー▽アニメーション制作:京都アニメーション

 ◇キャスト(敬称略)

 小林さん:田村睦心▽トール:桑原由気▽カンナ:長縄まりあ▽エルマ:高田憂希▽ルコア:髙橋ミナミ▽イルル:嶺内ともみ▽ファフニール:小野大輔▽滝谷真:中村悠一▽才川リコ:加藤英美里▽ジョージー:後藤邑子▽真ヶ土翔太:石原夏織

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る