キスマイ玉森:“ボス恋”Pに聞く胸キュンシーン撮影の裏側 「恥ずかしがらず、いつも全力で」

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の最終回のワンシーン(C)TBS
1 / 1
ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の最終回のワンシーン(C)TBS

 火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)で、“子犬系イケメン御曹司”潤之介を演じる人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん。子犬コスプレを披露したり、「充電」と言いながら奈未(上白石萌音さん)を抱きしめたり……。数々のシーンで視聴者をときめかせてきた。今作を手がける編成・宮崎真佐子、松本明子両プロデューサーは、「子犬系男子という難しいキャラクターだったと思いますが、玉森さん以外にはできない役柄だったと思います」と話す。最終回を前に、玉森さんの撮影現場での様子を振り返ってもらった。

 ◇胸キュンシーンの撮影は「いつも全力で」

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの平凡な主人公・鈴木奈未が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。玉森さん演じる潤之介は、超天然でマイペースだが、奈未の優しさや温かさに触れ、奈未と関わることで自身にとって大きな一歩を踏み出す勇気を得る……という役どころ。

 視聴者から「ボス恋の玉森くん果てしなくワンコで可愛い」といった声が上がるなど、“ワンコ感”が話題となっている玉森さん。ドラマでは、奈未の妄想として、けなげで従順な小犬“ジュン”として登場する場面も。白い耳、白い衣装の“白ジュン”、黒い耳、黒い衣装に身を包み、ダークな“ワンコ”と化した“黒ジュン”の2バージョンを披露し、注目を集めた。

 また、仕事を頑張る奈未を「充電」と言いながら抱きしめてくれたり、奈未が中学生のときに書いた「彼氏ができたら……やりたい10のこと」のメモの通り、一つずつ願い事をかなえてくれたり……。その優しさに「理想の彼氏」という声が上がるほどで、毎週視聴者をときめかせてきた。

 両プロデューサーによると、こういった胸キュンシーンは「皆で楽しく話し合いながら作っている」という。撮影現場での玉森さんについては、「妄想シーンや胸キュンシーンでも恥ずかしがらず、いつも全力で真剣に向き合って挑んでくれます」と明かす。

 ◇キスマイ玉森は「いろいろなパターンを見せてくれる」

 胸キュンシーンも大きな見どころだが、玉森さんと上白石さんの演技も注目を集めている。例えば、雨が降る中、奈未と潤之介のキスシーンが描かれた第4話。傘もささずに、約束の場所で奈未のことを待ち続けていた潤之介が、約束の時間が過ぎてから現れた奈未に、「来てくれてありがとう」と話す。そんな潤之介を見つめた奈未は、思わず潤之介にキス。今度は潤之介が優しくお返しのキスをして……という展開で、「瞳の演技すごい」「2人の瞳の会話で心臓持っていかれる」などと目の演技が話題となった。

 また、第7話では、奈未が出張先の長野県で、“ドS先輩”こと中沢(間宮祥太朗さん)と終電を逃してしまったと聞いた潤之介。思わずバイクを走らせ、長野県へ。ある子犬がきっかけで、旅館にたどり着いた潤之介は、奈未と再会した。潤之介は、「俺、奈未ちゃんのこと考えるとドキドキするんだ。奈未ちゃんが笑うとうれしいし、泣いていると悲しい。そんなふうに思えるのは世界中で奈未ちゃんだけなんだ」と思いを伝える。

 思わず涙をこぼしながら、「私の気持ち言ってもいい? 独り占めしたい。私のことだけ見ててほしい」と明かす奈未を、潤之介は「うん」と言って抱きしめる。奈未の涙を見た潤之介は「泣かないで」と言って、奈未の頭を優しくなでて……という展開で、SNSでは「言葉だけじゃなくいろんな表情で語る新しい玉森くん見れてうれしい」「潤之介くんは絶対に玉森くんしかできない」などの感想が書き込まれていた。

 さらに、第8話では、スケートリンクを貸し切ってのプロポーズシーンが登場。奈未に一輪の花をプレゼントしながら、潤之介が「俺、奈未ちゃんの笑った顔が見れるなら、奈未ちゃんがおばあちゃんになっても、ずっと花をプレゼントする」と言ってキスをする展開で、SNSでは「こんなプロポーズ良いなぁ」「スケートリンクでのプロポーズ&キスシーンがすてきすぎて何度も見てる」という声が上がっていた。

 両プロデューサーによると、玉森さんは「常に監督の求めているものをくみ取って、『こういう感じですか?』といろんなパターンを見せてくれる」という。役者としての魅力については、「演技に真摯(しんし)に取り組む姿がとても魅力的です」とも話していた。

 ◇ついに最終回… 奈未&潤之介はどうなる?

 3月9日に放送された第9話では、奈未と潤之介の別れが描かれ、大きな反響があった。潤之介からのプロポーズをとっさに受けた奈未だったが、やりたい仕事や夢のことを考え悩んでしまう。

 そんな中、潤之介は、奈未に「何があっても俺のこと信じていいんだよ、というお守り」と言ってハリー・ウインストンの指輪を渡す。しかし、その後、奈未から指輪を返されてしまい……。ラストでは、中沢(間宮祥太朗さん)が、潤之介と別れて泣いている奈未の前に登場し、「お前が、また泣いてる気がして……」と声をかけるところで終了した。

 きょう放送の最終回では、潤之介と別れ、極度の“潤之介ロス”に陥る奈未や、父・勝之介(宇梶剛士さん)と共に取引先とのあいさつ回りや商談など、多忙なスケジュールをこなす日々を送っている潤之介の姿が描かれる。奈未と潤之介の恋の行方、そして中沢との関係は……。最後まで物語の行方を楽しみたい。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る