ひなフェス2021:ハロプロの春の祭典 5グループ集結で熱いパフォーマンス 「石田のパン」も話題に

3月27、28日に開催された「Hello! Project ひなフェス 2021」の様子
1 / 6
3月27、28日に開催された「Hello! Project ひなフェス 2021」の様子

 アイドルグループ「モーニング娘。’21」などが所属する「ハロー!プロジェクト(ハロプロ)」の毎春恒例のライブイベント「Hello! Project ひなフェス 2021」が、3月27、28日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された。「BEYOOOOONDS」「つばきファクトリー」「Juice=Juice」「アンジュルム」「モーニング娘。’21」の5グループが集結し、熱いパフォーマンスを披露。感染予防対策を徹底した上、2日間で4公演が開催され、約2万人を動員した。会場では、「モーニング娘’21」の石田亜佑美さんが企画した「石田パン」や、ピザーラとコラボした「春のハローピザ」も販売され、話題となった。

 イベントには、5グループのほか、ハロプロ研修生も出演。ハロプロ研修生から年内に新グループが結成される予定で、元気あふれるフレッシュなパフォーマンスを見せた。

 BEYOOOOONDSは最新シングルから「激辛LOVE」などを披露。卒業シーズンということもあり、メンバーの山崎夢羽さん、前田こころさんも高校卒業を報告する一幕も。つばきファクトリーは、ニューアルバム「2nd STEP」に収録される「恋のUFOキャッチャー」「My Dariling ~Do you love me?~」のパフォーマンスを初披露した。

 Juice=Juiceは、4月リリースのシングルから「DOWN TOWN」などをパフォーマンス。アンジュルムは、昨年秋に新メンバー3人が加入し、10人の新体制となり初のひなフェス参加となった。最新シングル「限りあるMoment」「ミラー・ミラー」など、持ち前のエネルギッシュな歌唱を披露した。

 3月28日の最後の公演のホストを務めた「モーニング娘。’21」は、ニューアルバム「16th~That’s J-POP~」に収録される新曲「恋愛Destiny~本音を論じたい~」「このまま!」などを披露し、会場を盛り上げた。ラストは、大ステージに全グループが集結し、全員でのパフォーマンスでイベントを締めくくった。

 ◇ハロー!プロジェクトリーダー/モーニング娘。’21の譜久村聖さんのコメント

 昨年末のカウントダウンコンサート以来、ハロー!プロジェクト全体で集まってのライブになりましたが、とても楽しかったです。昨年のひなフェスが無観客ライブだった分、つばきファクトリーとBEYOOOOONDSにとっては今回初めてお客さんを入れてのプレミアム公演だったので、メンバーからの熱気や気合いも伝わってきましたし、新体制になったグループからのやる気も伝わってきて、すごくひなフェス全体が熱いコンサートになりました。

 モーニング娘。’21も、参加できなかった2人も含めた14人分の気持ちでパフォーマンスするということで、すごく盛り上がったので、生放送・生配信で見てくださった方も楽しめたんじゃないかなと思います。その他にも石田亜佑美の「石田のパン」や、ピザーラさんにハロー!プロジェクトを意識して作ってもらった「春のハローピザ」だったりと、少なくとも春を感じていただけたかなと思います。来年はSATOYAMA & SATOUMI イベントと一緒にまた開催できることを願っています。

写真を見る全 6 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る