進撃の巨人:コミックス最終34巻は2種類の特装版 連載前の幻のネーム 最終話のネームも

「進撃の巨人」が最終回を迎えた「別冊少年マガジン」5月号
1 / 1
「進撃の巨人」が最終回を迎えた「別冊少年マガジン」5月号

 諫山創さんの人気マンガ「進撃の巨人」のコミックス最終34巻の2種類の特装版が6月9日に発売されることが分かった。書店、ネット書店のみで販売される「Beginning」には、連載前の幻のネーム2話分を収録した小冊子が付く。コンビニエンスストアのみで販売される「Ending」には、第138話と最終話のネームを収録した小冊子が付属する。価格は各1100円。

 「進撃の巨人」は、圧倒的な力を持つ巨人たちを相手に人類が絶望的な戦いを挑む姿を描いたマンガ。諫山さんのデビュー作で、2009年9月に「別冊少年マガジン」(講談社)の創刊タイトルとして連載をスタートし、4月9日発売の同誌5月号で最終回を迎えた。コミックスの全世界の累計発行部数は1億部以上。最終回が掲載された同誌5月号は、売り切れ店が続出し、重版されることになり、4月30日から順次、配本される。

 テレビアニメのシーズン1が2013年4~9月、シーズン2が2017年4~6月、シーズン3のパート1が2018年7~10月に放送。シーズン3のパート2が2019年4~6月に放送された。最終章となる「The Final Season(ファイナルシーズン)」の第76話「断罪」がNHK総合で今冬、放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る