ブラック・ウィドウ:黒のイメージ一新 純白ボディスーツの新ビジュアル解禁

映画「ブラック・ウィドウ」の新ビジュアル(C)Marvel Studios 2021
1 / 1
映画「ブラック・ウィドウ」の新ビジュアル(C)Marvel Studios 2021

 米マーベル・スタジオの最新作「ブラック・ウィドウ」(ケイト・ショートランド監督、7月9日公開)の新ビジュアルが4月27日、解禁された。これまで黒いボディースーツの印象が強かったブラック・ウィドウが、イメージを覆すような純白のボディスーツを身にまとった姿が写し出され、「すべてを解放する時がきた。」というコピーが付けられている。

 映画は、美しき最強のスパイ“ブラック・ウィドウ”の過去と秘密が描かれる。スカーレット・ヨハンソンさんが、「アイアンマン2」「アベンジャーズ」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ/エンドゲーム」などに続き、ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフを演じる。

 これまでシリーズを通じて、ブラック・ウィドウの過去は“触れてはいけない事柄”として扱われており、ヨハンソンさんは「過去を振り返ることによって、私たちは前向きになることができたのよ。10年間このキャラクターを演じ続けてきたことが全て本作に向かって築き上げてきたことのように感じているわ」と語っている。

 7月9日から映画館と、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「プレミアアクセス」で同時公開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る