機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ:古谷徹、及川光博が絶賛 「スケール感がすごい」 ギギに「ほれてまうやろ!」

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のイベントに登場した及川光博さん(左)と古谷徹さん
1 / 1
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のイベントに登場した及川光博さん(左)と古谷徹さん

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督、5月21日公開)のイベントが4月27日、東京都内で開催され、アムロ・レイ役の声優の古谷徹さん、同シリーズのファンの俳優の及川光博さんが登場した。古谷さんは「閃光のハサウェイ」を「市街地の戦闘がすごい。炎と煙がリアルなんですね。人間の視点から見たモビルスーツ、モビルスーツから人間を見るカット……。スケール感がすごい」と絶賛した。

 及川さんは「CGの使い方が実写?と思うくらい。すごい絵力でした。(ヒロインの)ギギにほれてまうやろ!です。何度でも見たい! 早く続きが見たい!」と話し、「ぜひご覧ください!」と呼びかけた。

 「閃光のハサウェイ」には、原作には登場しないアムロ・レイが登場し、古谷さんがアムロを演じることも話題になっている。古谷さんは「(原作の)小説にはアムロが出てこないので、どんな形なんだろう?と楽しみでした。最新の映像でまたアムロを演じることがうれしかった」と喜んだ。

 「閃光のハサウェイ」は、1989~90年に富野由悠季さんが発表した小説が原作。宇宙世紀0105年を舞台に、第二次ネオ・ジオン戦争で苦い別離を経験したブライト・ノアの息子ハサウェイが新型モビルスーツ・Ξ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す姿を描く。アニメは「虐殺器官」の村瀬さんが監督を務める。3部作。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る