呪術廻戦:コラボカフェが7月オープン カジュアルな虎杖、五条先生の描き下ろしイラスト 呪霊ドリンク、パンダのスイーツも

「呪術廻戦」のコラボカフェ「呪術廻戦カフェ」の描き下ろしイラスト(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
1 / 27
「呪術廻戦」のコラボカフェ「呪術廻戦カフェ」の描き下ろしイラスト(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」のコラボカフェ「呪術廻戦カフェ」が、東京、大阪、名古屋で7月15日から順次オープンする。カジュアルな装いの主人公・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)、五条悟らを描き下ろしたコラボカフェ限定イラストが公開された。

 コラボカフェは、テレビアニメ第1クールのエンディングの映像演出を担当した映像作家の長添雅嗣さんがアートディレクターを務め、キャラクターをイメージしたフードやドリンクが提供される。描き下ろしイラストを使用したグッズも販売される。

 フードメニューは、虎杖をイメージした「ステーキサンドプレート」、五条をイメージした「氷菓『ムラサキ』」、狗巻棘をイメージした「ライスボールプレート」、パンダをイメージしたスイーツ「パンダ・ア・ラ・モード」などをラインアップする。価格は各1540円。ドリンクメニューとして夏油傑や真人らをそれぞれイメージした「呪詛師・呪霊ドリンク」(990円)なども提供する。

 グッズは、アクリルキーホルダー(全7種、各715円)、缶バッジ(全7種、各550円)、ステッカーセット(8枚入り、1089円)などをそろえる。

 事前予約の上、メニューを注文するとマスクケース(全7種)が一枚プレゼントされる。カフェでドリンクメニューを注文すると、オリジナルコースター(全7種)が付く。

 東京はBOX cafe space 原宿アルタ店(東京都渋谷区)、IKEBUKURO BOX cafe space(東京都豊島区)、大阪はUMEDA BOX cafe&space(大阪市北区)、あべの contact(大阪市阿倍野区)、名古屋はNAGOYA BOXcafe&space A(名古屋市中区)で実施される。

写真を見る全 27 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る