ミスマガ2021ファイル:大塚遥 すし屋で修業中の美女 アニメも大好き! 「体当たりで臨みます!」

「ミスマガジン2021」のベスト16に選ばれた大塚遥さん
1 / 3
「ミスマガジン2021」のベスト16に選ばれた大塚遥さん

 斉藤由貴さんや北乃きいさん、倉科カナさん、新川優愛さんらを輩出したグラビアアイドルのコンテスト「ミスマガジン2021」のベスト16を紹介する「ミスマガ2021ファイル」。第14回は、大塚遥さんを紹介する。

 大塚さんは1999年2月13日生まれの22歳で、すし屋で修業中。「すしが本当に大好き。大将に憧れて、焼き場を担当させていただいています」という。アニメ、マンガも好きで、お気に入りは、吉河美希さんのマンガ「カッコウの許嫁(いいなずけ)」。「いつか吉河先生のマンガが原作のドラマに出演してみたいです! バラエティー番組にも出演してみたい! 体当たりで臨みます!」と話す。

 ミスマガジンは1982年にスタートしたグラビアアイドルのコンテストで、女優やタレントの登竜門ともいわれている。ミスマガジン2021は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)の7月12日発売の第33号、7月19日発売の第34号に付くハガキによる投票と、ライブ配信アプリ「SHOWROOM」のランキング、YouTubeの再生回数、SNSのファボ数などが加味され、グランプリや各賞が決定する。グランプリに選ばれると、写真集が発売されるほか、「週刊ヤングマガジン」の表紙を飾る。10月にグランプリと各賞が発表される。

写真を見る全 3 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る