木村拓哉:「タンゴの次はダンゴ」 長澤まさみのお願いでギャグリフレイン

映画「マスカレード・ナイト」の初日舞台あいさつに登場した木村拓哉さん(左)と長澤まさみさん
1 / 7
映画「マスカレード・ナイト」の初日舞台あいさつに登場した木村拓哉さん(左)と長澤まさみさん

 木村拓哉さんが9月17日、東京都内で行われた主演映画「マスカレード・ナイト」(鈴木雅之監督)の初日舞台あいさつに、共演の長澤まさみさんと登場した。舞台あいさつでは原作者の東野圭吾さんからのコメントで、今作でアルゼンチンタンゴに苦戦したという木村さんに対して「この次は何がいいでしょうか」と問いかける一幕があり、木村さんが熟考する場面も。しばらく考えたのち、木村さんは「いやー……普通に“みたらしだんご”でいいんじゃないですか」とギャグで対応し、長澤さんを「新鮮です」と笑わせていた。

 続けて木村さんが「やめましょう、今のはとっさに思いついただけなんで。ばっさりいって(カットして)ください」と言うと、隣に立っていた長澤さんは「もう一回言ってください!」とおねだり。木村さんは「(長澤さんが)わりと天丼(ギャグを繰り返すこと)が好きなんですよ……」と苦笑いを浮かべつつ、長澤さんの要求に応えて「次は、もうタンゴはちょっといいかなと思うんで、みたらしだんごで……」とギャグを繰り返し、会場から拍手を浴びていた。

 舞台あいさつには小日向文世さん、渡部篤郎さん、鈴木監督も出席。「前作もそうでしたが、本作でも私が執筆中に頭で描いていた以上に新田は魅力的でした。『なるほど新田はこういう刑事だったんだな』と教えられました。次回作の参考に致します」という東野さんからのコメントが読まれると、木村さんは「代読なのに鳥肌が2回ぐらいたちました。怖いですね」と感想を吐露。また、「今の(コロナの)状況がありますけど、また絶対に負けずに、前を向いてやっていけば、またこういうメンバーで舞台あいさつができる日が来るんじゃないかなと思いますし、それができたらいいなと思います」と意気込みを語った。

 映画は、2019年に木村さん主演で公開された「マスカレード・ホテル」の続編で、東野圭吾さんの小説「マスカレード」シリーズ(集英社文庫)の同名第3作が原作。主人公の刑事・新田浩介(木村さん)が、大みそかのカウントダウン・パーティーに現れる殺人犯を捕まえるため、「ホテル・コルテシア東京」のフロントクラークとして再び潜入し、優秀だがいささか真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美(長澤さん)と事件解決にあたる姿を描く。

写真を見る全 7 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る