久保田未夢&相良茉優:朗読活劇「信長を殺した男」ビジュアル公開 着物に

「朗読活劇 信長を殺した男 2021」に出演する久保田未夢さん(左)と相良茉優さん(C)「朗読活劇 信長を殺した男 2021」製作委員会
1 / 12
「朗読活劇 信長を殺した男 2021」に出演する久保田未夢さん(左)と相良茉優さん(C)「朗読活劇 信長を殺した男 2021」製作委員会

 本能寺の変の“真実”に迫る藤堂裕さんのマンガ「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」を“朗読活劇”化する「朗読活劇 信長を殺した男 2021」のキービジュアル、ソロビジュアルが公開された。明智光秀の妻・煕子をダブルキャストで演じる声優の久保田未夢さん、相良茉優さんが着物姿を披露した。

 久保田さんは「初めましての方が多くて緊張しますが、精いっぱい演じさせていただきます。頑張ります!」とコメント。相良さんは「朗読劇は初挑戦なのでいろいろ分からないことだらけですが、よい作品になるよう一生懸命頑張ります!」と意気込んでいる。

 平野良さん、鈴木裕樹さんが明智光秀役、安里勇哉さん、古谷大和さんが織田信長役、横田龍儀さん、宮崎湧さんが豊臣秀吉役、菊池修司さん、大崎捺希さんが徳川家康役として出演する。朗読劇「私の頭の中の消しゴム」などの岡本貴也さんが演出を手がけ、岡本さん、ドラマ「ごくせん」シリーズの江頭美智留さんが脚本を担当する。11月26日~11月28日に神田明神ホール(東京都千代田区)で上演される。

 同作は、明智憲三郎さんのドキュメント「本能寺の変 431年目の真実」が原案のマンガ。2016~2020年に「別冊ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載された。本能寺の変で織田信長を殺した明智光秀の“真実”に迫る。新章「信長を殺した男~日輪のデマルカシオン~」が「別冊ヤングチャンピオン」で連載されている。

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る