シャーマンキング:田中秀幸がマタムネに 麻倉葉王は七海ひろき 「恐山ル・ヴォワール編」突入

「SHAMAN KING」の「恐山ル・ヴォワール編」のビジュアル(C)武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京
1 / 9
「SHAMAN KING」の「恐山ル・ヴォワール編」のビジュアル(C)武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京

 武井宏之さんの人気マンガ「シャーマンキング」の新作テレビアニメ「SHAMAN KING」に声優として田中秀幸さん、七海ひろきさんが出演することが分かった。田中さんは約20年前にドラマCDで演じたマタムネを再び演じ、七海さんは、平安の時代にマタムネが仕えた大陰陽師の麻倉葉王役として出演する。

 11月4日の放送から「恐山ル・ヴォワール編」がスタートすることも発表された。雪化粧の恐山を背景に、中央に愁いを帯びた寂しげな表情のアンナ、悲しげな表情を浮かべる葉、前を見据えるマタムネが描かれている。

 「恐山ル・ヴォワール編」の先行上映会イベントが11月21日に池袋グランドシネマサンシャイン(東京都豊島区)で開催されることも発表された。日笠陽子さん、林原めぐみさん、田中さんが登壇する。

 田中さんは「この作品は、20年近く前にCDドラマで演じさせていただきました。以前のキャラクターのイメージを壊さぬようにしながら、マタムネの魅力をさらに膨らませていかなければならないという、プレッシャーのかかる仕事になりました。大好きなマタムネの魅力が伝われば、うれしいです」とコメント。

 七海さんは「原作の中で心震えるエピソードの一つである葉とアンナの過去編。その中で、最強の陰陽師麻倉葉王として、真に強いからこその雰囲気や、強すぎるゆえの寂しさ、麻倉葉王の存在感の大きさを少しでも表現できたらと思い、ディレクションしていただきながら精いっぱい演じました。麻倉葉王を演じさせていただけて本当にうれしかったです。この作品を愛する方々に楽しんでいただけたら幸せです。ぜひアニメを見てください! よろしくお願いします」と話している。

 「シャーマンキング」は、1998~2004年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。霊が見える少年・麻倉葉がシャーマンの頂点を決めるシャーマンファイトに参加し、シャーマンキングになるため、仲間たちと共に戦いを繰り広げる姿が描かれた。新作テレビアニメがテレビ東京系で毎週木曜午後5時55分に放送中。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る