ビッグコミックスピリッツ:新連載6作品 イトイ圭、濱田浩輔、魚戸おさむ、高橋しんも

「週刊ビッグコミックスピリッツ」の新連載の告知
1 / 2
「週刊ビッグコミックスピリッツ」の新連載の告知

 12月6日発売のマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)2022年1号で、2021年の年末から2022年にスタートする新連載6作品が発表された。

 12月27日発売の同誌4・5合併号でイトイ圭さんの赤の他人の同居譚(たん)「おとなのずかん 改訂版」の連載がスタートし、2022年1月8日発売の6号で濱田浩輔さんのダークファンタジー「レ・セルバン」、1月24日発売の8号で宮崎克さん原作、魚戸おさむさん作画の「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」の連載が始まる。

 野田宏さん原作、ふくしま正保さん作画の「魔王がずっと見ている(仮)」、清家孝春さんの「無職の学校~職業訓練校での200日間~」、高橋しんさんの「駅伝男子プロジェクト」の連載が2022年春にスタートすることも発表された。

 2022年1号では、女優の大原優乃さんが表紙を飾った。「闇金ウシジマくん」で知られる真鍋昌平さんの最新作「九条の大罪」の「ぴえん女子篇」がクライマックスを迎えた。

写真を見る全 2 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る