ガンダム:F90(火星独立ジオン軍仕様)を解説 「F90 A to Z PROJECT」 2号機を強奪、改修 ジオン系MSに近い?

ガンダムF90の火星独立ジオン軍仕様のプラモデル「MG 1/100 ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)」(C)創通・サンライズ
1 / 9
ガンダムF90の火星独立ジオン軍仕様のプラモデル「MG 1/100 ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)」(C)創通・サンライズ

 アニメ「機動戦士ガンダムF91」に登場するガンダムF91の前身にあたるガンダムF90の火星独立ジオン軍仕様のプラモデル「MG 1/100 ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)」(バンダイスピリッツ)が発売されることになり、バンダイホビーサイト内の特設ページ「F90 A to Z PROJECT」で、同機の解説が公開された。

 オールズモビルの火星独立ジオン軍が、シャア・アズナブルの戦闘プログラムがインストールされていたと言われるF90 2号機を強奪し、独自に改修を施した機体。ミッションパックを持たないオールズモビルが、単体のモビルスーツとしての性能や整備性の向上を図るために改修した。センサーの大型化やアポジモーターの増設、左肩のスパイクアーマー追加など外装の約8割を変更。動力パイプが露出した構造や白と赤を基調としたカラーリングなどジオン系モビルスーツに近い意匠になっている。

 地球連邦軍の大尉で、オールズモビルのスパイであったボッシュが乗り込み、シド・アンバーのギラ・ドーガ改やエリクのジェガンを撃墜する戦果を上げた。その後、デフ・スタリオンが運用するF90との交戦で撃破され、機体は再び連邦軍に回収された。

 プラモデルは、バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けている。価格は4950円。4月に発送予定。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事