ムチャブリ!:第2話視聴率7.4% レストラン新装開店も暗雲 焦る“雛子”高畑充希の前に“謎の女性”優香

連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第2話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第2話の一場面=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が1月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週放送の初回の8.9%から1.5ポイントダウンした。

 ドラマは、30歳の出世欲なし、彼氏なし、でも「今のままでいいのか?」と思い悩むイマドキ世代のベンチャー企業の社長秘書・雛子(高畑さん)が、ある日突然、上司であるカリスマ社長から子会社の社長に任命され、カリスマ社長、生意気な部下の板挟みになりながらも、仕事と恋に突き進む“爽快お仕事エンターテインメント”。連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、2020年)などの渡邉真子さんが脚本を手がける。

 第2話では、新社長に就任した雛子が、手掛けるレストランの新装開店の日を迎えるが、客足は少なく早速ピンチに陥った。近所に話題のイタリア料理店が出店したと聞かされた雛子、部下の大牙涼(志尊淳さん)は焦る。そんな2人の前に、大手外食企業「野上フーズホールディングス」の御曹司(おんぞうし)の野上豪(笠松将さん)が現れた。さらに、雛子の前に謎の女性・桧山凛々子(優香さん)も現れ……と展開した。

テレビ 最新記事