妻、小学生になる。:森田望智が“圭介”堤真一の年下上司に 若くして課長に抜てき

連続ドラマ「妻、小学生になる。」で守屋好美を演じる女優の森田望智さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「妻、小学生になる。」で守屋好美を演じる女優の森田望智さん(C)TBS

 1月21日にスタートする俳優の堤真一さんが主演を務める連続ドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系、金曜午後10時)。堤さん演じる生きる意味を失った主人公・新島圭介が、10歳の女の子に生まれ変わった亡妻と再会を果たし、生きることに再び向き合っていく姿を描くホームドラマ。女優の森田望智さん演じる圭介の年下上司・守屋好美(もりや・このみ)を紹介する。

 ◇「RABBIT FOODS」販売促進部の課長 しかし出世欲はなく…

 好美は、食品メーカー「RABBIT FOODS」販売促進部の課長。若くして課長に抜てきされたが、あまり出世欲がない。実力不足も自覚しており、人の上に立つことを重荷に感じている。

 ◇初回ストーリー

 10年前に最愛の妻・貴恵(石田ゆり子さん)を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている新島圭介は、全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。たった一人の家族である、娘の麻衣(蒔田彩珠さん)の幸せを誰よりも願っているものの、コミュニケーションすらうまく取れていない。

 同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。二人の時間は、10年間止まってしまっていた。そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子が、「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」と現れて……。

テレビ 最新記事