逃亡医F:オリジナルストーリーがHuluで配信決定 本編第6話に六平直政&宮崎吐夢ゲスト出演

連続ドラマ「逃亡医F」のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「逃亡医F」のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の成田凌さん主演の連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系、土曜午後10時)のオリジナルストーリー「逃亡医F 運命を変えた瞬間」が配信されることが明らかになった。2月19日放送の本編第6話放送終了後から、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信される。

 併せて、本編第6話に六平直政さん、宮崎吐夢さんがゲスト出演することも発表された。同話では外国人労働者たちが生活する廃団地が舞台。外国人労働者と対立する日本人ホームレスの中で、リーダー的存在のノムさんを六平さん、ネクタイを宮崎さんが演じる。

 六平さんは「このリーダーが最後にどのような行動をするか?が、ドキドキする面白い役でした! 久しぶりに松岡(昌宏)さんと共演して最高に楽しかったです。成田さんも、とても好青年ですてきな役者さんでした!」とコメント。

 六平さんと初共演だという宮崎さんは「俳優を志す前の大学1年のとき、新宿駅の南口を歩いていたら、舞台の本番前に出演者自ら公演のチラシを配っていて、六平さんから直接、『お兄さん、時間ある? 今すごい芝居やってるのよ』と声をかけられ、あまりの熱意にそのまま新宿梁山泊の公演を見に行ったことを思い出しました」と語った。

 原作は伊月慶悟さん作、佐藤マコトさん画の同名マンガ(Jコミックテラス)。恋人殺害のぬれぎぬを着せられて指名手配された天才脳外科医・藤木圭介(成田凌さん)が、逃亡の日々を送りながら、満足な道具も設備もない中で人命を救うため奮闘する姿を描く。松岡さんは、藤木を追う八神拓郎役で出演している。

写真を見る全 3 枚

最新記事

    {%ジャンル記事リスト1%} {%ジャンル記事リスト2%} {%ジャンル記事リスト3%} {%ジャンル記事リスト4以降%}