DCU:「隆子さんを返せ!」 “瀬能”横浜流星の怒りの演技に「圧倒された」「すごすぎて震えた」の声

連続ドラマ「DCU」第4話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「DCU」第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「DCU」第4話が、2月13日に放送された。横浜流星さん演じる若手隊員・瀬能陽生が、DCUメンバーの成合隆子(中村アンさん)を殺害した犯人に向かって、「隆子さんを返せ!」と怒りを爆発させる場面が登場。視聴者からは、「怒りとか憎しみとかいろいろな感情を抱えた瀬能さんを演じる横浜さんがすごすぎて震えた」という声が上がるなど、注目を集めた。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 第4話では、新名正義(にいな・まさよし、阿部さん)らDCUメンバーが、隆子の死の真相を追う様子が描かれた。そんな中、隆子を殺した犯人は、法医学教授・真鍋宗雄(東京03・角田晃広さん)だと判明する。

 罪を告白する真鍋に、「隆子さんはな、俺らの大切な仲間なんだ!」と怒りを爆発させる瀬能。「隆子さんを返せ!」と振り上げた瀬能の拳を掴んだ新名は、「隆子の手で終わらせてやれ」と隆子の手錠を渡し、瀬能は涙ながらに真鍋を逮捕するのだった。

 SNS上では、「隆子の手錠で犯人を逮捕したところ、めっちゃ感動した!」「流星くん、今回もいろいろな表情見せてくれた」「隆子の手錠で真鍋を逮捕したときの演技も鬼気迫るものがあった」「あの状態の瀬能を制止するために手錠差し出したのはよかった!」などのコメントが書き込まれた。

 また、横浜さんの演技について、「やっぱり流星くんの目の演技がすごい。怒りだったり悲しみだったりぐちゃぐちゃに混ざった瀬能くんの色んな感情が一気に押し寄せてきて圧倒された」「相変わらず瀬能の表情が、感情が宿った目が最高でした」「横浜流星、目が離せない俳優。カッコいい!」という声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る