鎌倉殿の13人:尾上松也が後鳥羽上皇に ラスボス “北条義時”小栗旬の最後の大きな壁

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で後鳥羽上皇を演じる尾上松也さん=NHK提供
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で後鳥羽上皇を演じる尾上松也さん=NHK提供

 俳優の小栗旬さんが主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)の新キャストが、公式ツイッターで2月17日に発表され、歌舞伎俳優の尾上松也さんが後鳥羽上皇役で出演することが明らかになった。

 後鳥羽上皇は、主人公の北条義時(小栗さん)に対して挙兵する、いわゆる「承久の乱」を起こす人物。公式ツイッターでは「後白河の孫で、文武に秀でた偉大なる帝王。その誇りが義時に牙をむく」と紹介された。

 公式ツイッターでは発表前から、役者名を伏せたうえで、後鳥羽上皇を演じるキャストとして尾上さんの声だけが公開されていた。その中で尾上さんは「後鳥羽上皇は義時に対しての最後のボス、“ラスボス”と言っても過言ではないと思っております。義時に対して挙兵しまして、最終的には敗北してしまうわけですけれども、最後の大きな壁として義時に立ちふさがり、そして後鳥羽上皇を超えて義時が君主として世を治めていくということになります。物語の中ではとても重要な役どころと思っておりますので、これからどんどん役を掘り下げて深めていきたいと思っております」と話していた。

 小栗さんとはプライベートで親交があるといい、「小栗さんが大河ドラマに主演されると聞いたとき、普段から仲良くさせていただいている身として非常にうれしくて、ドラマを楽しみにしていたところもあります。ちょうど小栗さんがこのドラマの出演が決まったときに、たまたま電話でお話しさせていただく機会があり『鎌倉殿の13人で何か一緒にやりたいね』なんて話も実はしていました。でも13人の中に私の名前はなく、正直憤りを感じていたわけですが(笑い)。まさか最後の最後に後鳥羽上皇としてお話をいただけるとは思ってもいなかったので、非常にうれしかったです」と喜んだ。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さん。野心とは無縁だった若者が武家の頂点に上り詰めた軌跡を描く。

アニメ 最新記事