宇宙戦艦ヤマト2205:ヤマトークで貴重な資料公開 イスカンダルの井戸の底 ゴルバのブリッジ 「思い上がるな!古代進」も

「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「後章 -STASHA-」の上映を記念したトークイベント「ヤマトーク」で公開された資料(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会
1 / 25
「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「後章 -STASHA-」の上映を記念したトークイベント「ヤマトーク」で公開された資料(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会

 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの最新作「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「後章 -STASHA-」の上映を記念したトークイベント「ヤマトーク」が3月2日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、貴重な資料の数々が公開された。イスカンダルの井戸の底、階段、自動惑星ゴルバのブリッジなどの案を紹介。森雪が古代進を「思い上がるな!古代進」と一喝するシーン、新人クルーの戦闘シーン、ゴルバに翻弄(ほんろう)された古代が帽子を拾うシーン、ラストの新人クルーの登場シーンなどの貴重な絵コンテも公開され、安田賢司監督、シリーズ構成、脚本の福井晴敏さん、脚本の岡秀樹さんが解説した。

 イベントでは“アーリーデザイン”の数々を公開。石津泰志さんによるガミラス避難船団、明貴美加さんによるデザリアム多脚戦車、デザリアム戦闘機、自動惑星ゴルバ、玉盛順一朗さんによるヒュウガ、アスカ、コスモパイソン、コスモハウンドなどの貴重なデザインがスクリーンに映し出された。

 「宇宙戦艦ヤマト」は1974年にテレビアニメ第1作が放送。「宇宙戦艦ヤマト2」「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」なども制作されてきた。第1作をリメークした「宇宙戦艦ヤマト2199」が2012~14年、「2199」の続編「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が2017~19年に劇場上映、テレビ放送された。「2205」は、「2202」に続き、福井さんがシリーズ構成、脚本を担当。「前章 -TAKE OFF-」が2021年10月に上映された。「後章 -STASHA-」が2月4日から上映されている。「2205」の続編となる「ヤマトよ永遠(とわ)に REBEL(レベル)3199」の制作が発表されている。

写真を見る全 25 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画