乃木坂46:遠藤さくら&賀喜遥香&筒井あやめ カバーガール大賞「エンタメ部門」で同率首位に 4期生3人がそろって受賞

第8回カバーガール大賞「エンタメ部門」で同率首位に輝いた(左から)乃木坂46の賀喜遥香さん、遠藤さくらさん、筒井あやめさん
1 / 13
第8回カバーガール大賞「エンタメ部門」で同率首位に輝いた(左から)乃木坂46の賀喜遥香さん、遠藤さくらさん、筒井あやめさん

 アイドルグループ「乃木坂46」の遠藤さくらさん、賀喜遥香さん、筒井あやめさんが、2021年1~12月に発売された雑誌、マンガ誌、週刊誌、電子書籍など約1万誌の中で「もっとも表紙を飾った女性」に贈られる「第8回カバーガール大賞」の「エンタメ部門」で同率首位に輝いたことが3月4日、分かった。第4、5回の齋藤飛鳥さん、第6、7回の与田祐希さんに続き、エンタメ部門に同グループのメンバーが選出されることになった。

 「エンタメ部門」は、エンタメ誌の表紙を最も飾った女性に贈られる賞。3人は、カバーガール大賞が始まって以来、初の同率受賞となった。3人は、2018年に乃木坂46の4期生としてデビューした“同期”であり、その活躍ぶりを結果で残す形になった。

 受賞者を代表して、筒井さんは「この度は、このような賞をいただきましてありがとうございます。撮影はとても好きで、発売された本をお店の本棚で見つけるとうれしい気持ちになります。その本で、私や乃木坂46のことを知ってくださる方がたくさんいらっしゃると思いますので、今後も撮影する機会を大切にしていきたいと思います」とコメント。

 続けて、「今回、4期生のほかのメンバーと一緒にこの賞をいただけたことも、とてもうれしいです。これから、もっともっと乃木坂46に貢献できるメンバーになっていきたいと思います」と語った。

写真を見る全 13 枚

最新記事

    {%ジャンル記事リスト1%} {%ジャンル記事リスト2%} {%ジャンル記事リスト3%} {%ジャンル記事リスト4以降%}