DCU:第7話 “成合”吉川晃司とつながり? “新名”阿部寛、再び“那由”明日海りおに接触を図る

俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第7話の一場面(C)TBS
1 / 6
俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第7話の一場面(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第7話がTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で3月6日に放送される。

 心臓病の娘のために那由(明日海りおさん)がプロデュースしたリモートダイビングVRのお披露目イベントが病院で開かれていた。東都重工と共同開発した技術に子供たちは大興奮。元カノ・玉井千英(鷲見玲奈さん)の入院中の息子を見舞った大友(有輝さん)も参加して穏やかな時間を過ごしていた。

 事態は一変。海中のリモートカメラが何者かに乗っ取られる。同時刻、沖合で1隻の水上バイクが爆発したとの報告がDCU本部に入る。船着場の映像には、水上バイクに乗り込む成合(吉川晃司さん)の後ろ姿が映っていて、新名(阿部さん)は何とか動揺を隠す。

 爆発物の破片を回収した結果、那由のリモートダイビングVRで使われているカメラとの関連が発覚。水族館での殺人事件がきっかけで那由と成合がつながっていることをつかんでいた新名は、再び那由に接触を図る。

 リモートダイビングVRの開発を指揮し、瀬能(横浜流星さん)の父を知る笠原英伍(岡田浩暉さん)の協力を得てDCUメンバーは捜査に乗り出すが……。

 「DCU」は、TBSが海外の大手制作会社ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作。水中での事件・事故の捜査に特化した架空組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描く。阿部さん演じるDCU隊長の新名正義が、横浜さん演じる瀬能陽生ら個性豊かなメンバーと水中のさまざまな難事件を解き、裏に潜む悪に立ち向かっていく。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る