ドクターホワイト:第8話視聴率8.1% “巌”石坂浩二の余命わずか “真壁”小手伸也に執刀を依頼

連続ドラマ「ドクターホワイト」で主演を務める浜辺美波さん
1 / 1
連続ドラマ「ドクターホワイト」で主演を務める浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さん主演の連続ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)の第8話が3月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 原作は「金田一少年の事件簿」などで知られる樹林伸さんの小説「ドクター・ホワイト」シリーズ(角川文庫)。医師ではないが、医療知識豊富な正体不明の女性・雪村白夜(浜辺さん)がCDTに加入し、医師たちの診断を覆して患者の命を救う医療ミステリー。

 第8話では、巌(石坂浩二さん)が末期のスキルス胃がんで余命わずかだと知った白夜(浜辺美波さん)は、寝る間も惜しんで治療法を模索する。積極的治療は行わず、最後まで院長としての責務をまっとうすることが巌の意志だったが、白夜は何としても救いたかった。白夜と麻里亜(瀧本美織さん)は、巌の手術の執刀を真壁(小手伸也さん)に依頼する。

 そんな中、CDTは産婦人科医の東堂絵馬(華優希さん)から、ある患者の子宮内にいたはずの胎児が消えたと相談を受ける。考えられるのは自然流産や子宮外妊娠だったが、不可解なのは、いまだ妊娠のサインが残っていること。その状況に、メンバーは妊娠ではなくがんの可能性を疑うが、検査の結果、思わぬ事態が発覚する……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る