古賀葵:「かぐや様」で役者、人間として成長 小原好美に甘えすぎ?

「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」に出演する古賀葵さん
1 / 3
「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」に出演する古賀葵さん

 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気ラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の第3期「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」が、4月8日から放送される。第1期の放送開始から約3年がたち、主人公・四宮かぐや役の古賀葵さんは「皆さんに助けていただき、役者、人間として成長させていただいています」と語る。古賀さんに「かぐや様」への思いを聞いた。

 ◇最初から初めての経験ばかり 全部楽しい思い出

 「かぐや様は告らせたい」は、秀才の集う秀知院学園を舞台に、プライドが高く「自分から告白したら負け」と互いに考えている生徒会副会長の四宮かぐやと生徒会長の白銀御行(しろがね・みゆき)が、いかにして相手に告白させるかに知略を巡らせる姿を描いている。テレビアニメ第1期が2019年1~3月、第2期が2020年4~6月に放送された。

 第1期が放送された2019年から約3年がたった。古賀さんにとって「かぐや様」は単独初主演の作品で、同作の活躍もあり、2020年に「第14回 声優アワード」の主演女優賞に選ばれた。古賀さんにとって「かぐや様」は特別な作品だ。

 「3年なんですよね……。改めて振り返ると早いです。でも、まだ3年という気持ちもあり、不思議な感覚です。いろいろなことを経験させていただき、濃密でした。『かぐや様』に携わらせていただき、いろいろな世界を見させていただきました」

 「かぐや様」は人気を受けて、第2期が制作され、第3期も放送されることになった。古賀さんは、スタッフ、ファンの熱量を感じながらかぐやを演じ続けてきた。

 「第1期の時からスタッフさんの熱量がすごかったんです。私たちが『こんなことをやったら面白そうですね!』と言うと『やりましょう!』となることもあります。地方にも回らせていただきました。全部楽しい思い出です。『ありがとうございます!』という気持ちです。すごくいい現場なんです」

 特に印象的だったのが、第1期の放送前の特番だ。古賀さんの素顔に迫るドキュメント番組風……という斬新な作りが話題になった。

 「放送前の特番は、アニメの物語やキャラクターを紹介するものだと思っていたので、新鮮でした。養成所時代のお話をさせていただいたり、私個人をフィーチャーしていただけるなんて……。最初から初めての経験ばかりだったんです」

 ◇どんな隠し球を持ってくるのか? アフレコの裏側

 「かぐや様」はテンポのいい会話劇が魅力の一つだ。声優陣のコンビネーションのよさが光る。

 「キャストの皆さんが本当に素晴らしいんです。最初は『私がここにいていいのかな?』とも思っていたのですが、皆さんの素晴らしい演技に刺激を受け、『負けないように!』『置いていかれないように!』という気持ちを強く持って演じさせていただいています。みんなで一緒に作品を作っているという意識もあります。『かぐや様』の現場は、みんなが『どんな隠し球を持ってくるのか?』となり、戦いのようなところもあります。それがすごく楽しいんです。『こういうことをしてみたい!』という気持ちが芽生えてきます。皆さんに助けていただき、役者、人間として成長させていただいています」

 同作のウェブラジオ番組「告RADIO」では、藤原千花役の小原好美さんと共にパーソナリティーを務めた。2019年には「第6回アニラジアワード」の最優秀女性ラジオ賞に選ばれた。

 「私は、ここちゃん(小原さん)に甘えすぎですね。こんな私を受け止めていただき、助けていただき、ずーっと甘えています。地元に帰った時、ラジオを聞いている兄に『ここちゃんに感謝の気持ちを忘れるな!』と言われました。本当にその通りです」

 第3期の放送に向けて「原作をご存じの方は『いよいよあそこ!』とワクワクしているかと思います。かぐやとしては、大きな山場が来る……はずです! 丁寧に、そして勢いを大切にみんなで作品を作っていきたいです」と意気込む古賀さん。大きな山場とは!? 第3期の放送がますます楽しみになる。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事