種崎敦美:アニメ「SPY×FAMILY」 アーニャ役は「責任重大」 感情MAXで“わくわく”表現

「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会
1 / 17
「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」が、4月9日午後11時からテレビ東京ほかで放送される。同作のメインキャラクターで、心を読むことができる超能力者の女の子、アーニャ・フォージャーを演じるのが人気声優の種崎敦美さんだ。アーニャは同作の大人気キャラクターで、種崎さんはアーニャを演じることになり、「驚きとうれしさが一番に来ました。その後に責任重大だな」と感じたという。演技のこだわり、アフレコの様子を聞いた。

 ◇アーニャ役は「作りすぎず」 想定を超えた表現

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月に「少年ジャンプ+」で連載をスタート。すご腕スパイの<黄昏(たそがれ)>が、任務のためにロイド・フォージャーとしてかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。アニメは、「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務め、「進撃の巨人」シーズン1~3などのWIT STUDIO、「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」などのCloverWorksが制作。ロイドを江口拓也さん、ロイドの妻となる殺し屋のヨルを早見沙織さんが演じる。

 原作は、数々のマンガ賞に輝き、コミックスのシリーズ累計発行部数が1500万部を超える人気作で、テレビアニメ化、キャスト発表の際は大きな話題となった。種崎さん自身も原作のファンだったという。

 「元々好きだった作品なので、オーディションでアーニャ役が決まった時はすごくうれしくって、『出られるんだ!』と驚きもありました。どれだけ人気なのかも、アニメ化を待っていた方がたくさんいることも知っていたので、『その作品でアーニャを演じるんだ。責任重大だな』と。驚き、うれしさ、責任を感じました」

 種崎さんが演じるアーニャは、とある組織の実験で偶然生み出された他人の心を読むことができる超能力者の女の子。孤児院で暮らしていたところをロイドに引き取られ、フォージャー家の“娘”となる。外見の可愛さはもちろん、天真らんまんなキャラクターがファンの人気を集めている。

 種崎さんはオーディションでは「あまり手応えがなかった」と明かし、だからこそ出演が決まり、驚いたという。

 「オーディションでは、原作で読んでいた印象のアーニャを最初に演じたつもりだったんですけど、スタッフの方に『声を作らなくていいですよ』といわれたんです。『子供らしく感情の表現をMAXで、思い切り大きく感情を出していく方向で』と。それは自分の想定にもあったはずなんですけど、自分の持てる5歳ぐらいの女の子の可愛さを出せるところまで出さなきゃと思って、声を作りすぎていたんだろうなと思います。ディレクションを受けてからは、『なんでそれを最初にやらなかったんだ!』という後悔もあって、めちゃくちゃ思い切りやったんです。『もうどうにでもなれ!』じゃないですけど、『やる!』と思って感情最大値という感じで演じました」

 アーニャ役が決まり、アフレコに臨む際も、役作りとしては「作りすぎないことが準備だったかもしれない」と話す。

 「アフレコでは、『キンキン声にならないようにしたい』というディレクションがあって、それを前提に細かく調整していきました。一つのせりふでもいろいろなパターンを録(と)るうちに、アーニャは幅を持たせていいのかなというか、自分が想定しているものがあったら、それを超えて演じるようにしたらいいのかなと思うようになりました」

 ◇心が読める女の子役の難しさ 初めての表現に挑戦

(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 フォージャー家は、ロイドはスパイ、アーニャは超能力者、ヨルは殺し屋という素性を互いに知らないまま家族生活がスタートする。ただ、アーニャは人の心が読めるため、出会って早々にロイド、ヨルの正体を知ってしまう。ロイドやヨルの“心の声”を読み、アーニャが右往左往する姿がコミカルに描かれるのも「SPY×FAMILY」の魅力だ。種崎さんは、アーニャを演じるうちに「これだ!」とキャラクターをつかんだ瞬間があったという。

 「アーニャが、ロイドとヨルの正体を知って、心の声で『はっ!』というシーンがあるんですけど、ここで頭で考えた音を出していると、違う感じになってしまいそうだなと思って。考えていた音を出すんじゃなくて、目の前のことに純粋に反応しようと思ってやったら『勝手に音が変わる。これだ!』と。台本では、せりふとモノローグが交互にくるんですけど、アーニャはあまりモノローグとせりふを区別してやらなくていいんだなと思いました」

 考えるのではなく、目の前に起こっていることに対して反射で音を出す。それは、「子供を演じるならでは」だと種崎さんは説明する。さらに、アーニャの核は“わくわく”であるとも感じているという。

 「アーニャには暗い過去もあって、それはそれとして感情を出して演じるんですけど、それ以外は基本、うれしい、楽しい、悲しい、そしてわくわく!みたいな(笑い)。いろいろな感情の中でも“わくわく”が一番大きい好奇心の塊。そうでないと、人の心が読めるのに、あんなに可愛らしく育たないですよね」

 種崎さんは、「魔法使いの嫁」の羽鳥チセ、「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」のヴィヴィ、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のダイなど人気作で主人公を演じてきた人気声優だが、今回のアーニャ役では「初めての表現」に挑戦しているという。

 「これまで割と繊細な役をやらせていただく機会が多かったように思います。心が揺れ動き続けるみたいな、常に一つ以上の感情が渦巻いている感じのキャラクターが多かったんですけど、アーニャは全部心の中が分かっている上でどう動くか考える。プラスして子供なので、台本も全部平仮名で書かれているんです。MAXの感情を包み隠さず表現し続けるというのは、初めてかもしれません。感情MAXなので、汚い音を出しても大丈夫なのは楽しいです。ロイドさんも、ヨルさんも感情表現の幅としては限られているキャラクターなので、その分も全部出そう!という感じですね」

 種崎さんが表現するアーニャの“わくわく”に注目したい。

 ※種崎敦美さんの「崎」は「たつさき」

写真を見る全 17 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る