機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:カイ、ハヤトのガンキャノン スレッガーのジム ホワイトベース、コア・ブースターも メカ設定画公開

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」のメカ設定画(C)創通・サンライズ
1 / 3
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」のメカ設定画(C)創通・サンライズ

 アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」(6月3日公開)の新たなメカ設定画が公開された。RX-77-02 ガンキャノンは、カイ・シデン、ハヤト・コバヤシ搭乗機の2種で、カイ搭乗機はキャノン砲、ハヤト搭乗機はスプレーミサイル・ランチャーを装備している。スレッガー・ロウ搭乗機、ミサイルポッド装備、ショルダー・キャノン装備のRGM-79 ジムも公開された。

 ホワイトベースや地球連邦軍の中型輸送機のガンペリー、セイラ・マスが搭乗し、スレッガーのジムを乗せて出撃するコア・ブースター、巨大航空母艦のゴップ専用艦(ラ・グランパ)、ジオン公国軍の巨大輸送機のファット・アンクル、ジオン公国軍の偵察哨戒機のルッグンも公開された。

 地球連邦軍の将軍のヨハン・イブラヒム・レビル、元帥のゴップ、中将のエルラン、参謀、ジオン公国軍の将軍のマ・クベ、副官のウラガンが描かれたキャラクター設定画も公開された。

 「ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送された「機動戦士ガンダム」のテレビアニメ第15話のエピソードで、アムロ・レイが敵対するジオン軍の脱走兵ドアンとの交流を通じて、戦争の哀愁が描かれた。劇場版では第15話を改めて描く。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る