能條愛未:元乃木坂46の初写真集 タイトルは「カーテンコール」 プライベート感あふれるアザーカットも

能條愛未さんのファースト写真集「カーテンコール」のアザーカット 撮影:熊谷直子
1 / 2
能條愛未さんのファースト写真集「カーテンコール」のアザーカット 撮影:熊谷直子

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバー、能條愛未さんのファースト写真集のタイトルが「カーテンコール」(blueprint、6月30日発売)に決まったことが5月27日、明らかになった。

 能條さんは、乃木坂46で1期生として活動し、2018年にグループを卒業。現在は女優として、舞台を中心に活躍している。

 写真集について、能條さんは「女優としての覚悟や、未来への希望を込めたとっておきの一冊になっています。私を知っている方の大半は、元乃木坂46のバラエティー担当というイメージを持たれているかと思います。とてもありがたいと思う一方で、今の私をもっとたくさんの方に知ってもらいたいという歯がゆさもあり、まだまだ頑張らなくてはと、自分に対し貪欲な気持ちが増すばかりの日々です。そんな私の今をこの一冊に詰め込みました」とコメント。

 タイトルについては「舞台に立つ時の緊張感。何度経験しても呼吸することさえ忘れてしまいそうな恐怖心があります。でも幕が下り、カーテンコールをいただいた瞬間、何ものにも代え難い幸福感を味わえるんです。どんなにしんどかったことも、一瞬で忘れてしまう。まだここで頑張ってやろうと思えてしまう。この瞬間がたまらなく好き。『カーテンコール』には、私がこの世界で戦い続ける一番の理由が込められています」と説明した。

 併せて、プライベート感あふれるアザーカットも公開された。能條さんが朝にソファで横たわる姿、風呂につかり、リラックスする姿を捉えている。

 価格は3300円。写真集の発売を記念したお渡し会が、7月3日にHMV&BOOKS SHIBUYA(東京都渋谷区)で開催される。

写真を見る全 2 枚

芸能 最新記事