ドラゴンボール超 スーパーヒーロー:特別映像第2弾「お迎え編」公開 ピッコロの家に大量のぬいぐるみ!? 悟飯を一喝!

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」のビジュアル(C)バード・スタジオ/集英社(C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会
1 / 1
「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」のビジュアル(C)バード・スタジオ/集英社(C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」(6月11日公開)の特別映像第2弾「お迎え編」がYouTubeで公開された。ピッコロの家に大量のぬいぐるみがあるというコミカルなシーンが描かれる。

 映像は、ピッコロが“ペネンコ”というぬいぐるみを模したカバーを付けたスマートフォンでビーデルと電話をするシーンから始まる。ビーデルが娘のパンの幼稚園のお迎えに行けず、ピッコロにお願いすると、ピッコロはパンの父である孫悟飯の様子を聞きながらも「分かった!」と承諾。ビーデルは「じゃあまた、可愛いぬいぐるみでも買ってくるわ!」と答える。ピッコロは、悟飯を「子供の迎えに行けないくらい研究が大事かって聞いているんだ!!」と一喝。悟飯もビーデルと同じく「今度またぬいぐるみをプレゼントしますから!」と返し、ピッコロは「いらーん! いつ俺がそんなもの好きだなんて言った!」とツッコむコミカルなシーンが描かれている。

 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来となる劇場版。原作者の鳥山さんが脚本、キャラクターデザインを担当する。前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートを手がけた児玉徹郎さんが監督を務める。かつて、孫悟空によって壊滅した悪の組織のレッドリボン軍の意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだし、ピッコロ、孫悟飯らを襲う……という展開。

アニメ 最新記事