デリシャスパーティ プリキュア:第13話「うばわれた思い出を守れ! 明かされる拓海のヒミツ」 しらす丼の思い出 ナルシストルーが大事なものを奪う

「デリシャスパーティ プリキュア」の第13話「うばわれた思い出を守れ! 明かされる拓海のヒミツ」の一場面(C)ABC-A・東映アニメーション
1 / 2
「デリシャスパーティ プリキュア」の第13話「うばわれた思い出を守れ! 明かされる拓海のヒミツ」の一場面(C)ABC-A・東映アニメーション

 人気アニメ「プリキュア」シリーズの第19弾「デリシャスパーティ プリキュア」の第13話「うばわれた思い出を守れ! 明かされる拓海のヒミツ」が、ABC・テレビ朝日系で6月5日午前8時半に放送される。

 品田拓海は、キュアプレシャス/和実(なごみ)ゆいがローズマリーに巻き込まれているのでは?と疑う。拓海の部屋には、父・門平から託されたあるものがあった。そんな中、門平とゆいの父・ひかるを交えて、互いの家族でリモート通話をすることになる。

 拓海の母・あんは、門平と出会った時に作ったしらす丼の思い出を話す。通話の後、拓海たちとしらす丼を食べるゆいだったが、その最中にウォッチが鳴り、あわてて街に駆け出す。現れたブンドル団のナルシストルーは、レシピッピと共に、ある大事なものを奪う。

 「デリシャスパーティ プリキュア」のモチーフは「ごはん」で、テーマは「ありがとうの気持ち」「シェアする喜び」、キーワードは「ごはんは笑顔」。世界中のおいしい料理が集うステキな街・おいしーなタウンを舞台に、プリキュアがみんなの“おいしい笑顔”を守るために活躍する姿を描く。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事