異世界迷宮でハーレムを:テレビアニメが7月6日スタート 三宅健太が商人アランに “道夫”八代拓とED担当

「異世界迷宮でハーレムを」に登場するアラン(C)2022 蘇我捨恥/主婦の友インフォス・KADOKAWA/「異世界迷宮でハーレムを」製作委員会
1 / 5
「異世界迷宮でハーレムを」に登場するアラン(C)2022 蘇我捨恥/主婦の友インフォス・KADOKAWA/「異世界迷宮でハーレムを」製作委員会

 小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「異世界迷宮でハーレムを」が7月6日からAT-X、TOKYO MX、BS11で放送されることが分かった。三宅健太さんがベイルの町の商人・アラン役として出演することも発表された。

 八代拓さん演じる加賀道夫と三宅さん演じるアランがエンディングテーマ「紳士の取引60万ナール」を歌うことも発表された。

 「異世界迷宮でハーレムを」は、ネットゲームによって異世界にやってきた加賀道夫が、自らのステータスを自由に再設定することができる力を駆使して、冒険する……というストーリー。ヒーロー文庫(主婦の友インフォス)からライトノベルが刊行されている。

 アニメは、「抱かれたい男1位に脅されています。」などの龍輪直征さんが監督を務め、「ひぐらしのなく頃に」などのパッショーネが制作する。八代さんが異世界にやってきた加賀道夫、三上枝織さんが道夫が異世界で出会った狼人族の少女ロクサーヌをそれぞれ演じる。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画